検索
   newポリラップ

香りのよいローズマリーを使った、ふんわりもちもちのフォカッチャです。食感の秘密は、ゆるめの生地!こねずにできてとても簡単です。ローズマリーとオリーブオイルの香り、ハーブソルトの程よい塩加減がたまりません♪どんなお料理にも合うフォカッチャです。

材料

【材料】
9枚分
★強力粉…200g
★薄力粉…120g
★塩…6g
★砂糖…6g
★オリーブオイル…15g
★水…140ml
☆ドライイースト…5g
☆砂糖…6g
☆ぬるま湯…140ml
打ち粉(強力粉)…適量
ローズマリー…適量
オリーブオイル…小さじ3
ハーブソルト…少々

作り方

① 1.計量カップに☆を入れてよく混ぜ、イーストが発酵して1.5倍に膨らむまで10分ほど常温におきます。
123-1_210312.jpeg

② 2.ボウルに★と1を入れて、ゴムべらで混ぜ、ひとまとまりになったらラップをします。30~35℃の環境で2倍に膨らむまで45分ほど発酵させます。
123-2_210312.jpeg

③ 3.生地を9等分に分け、打ち粉を敷いたところに、スプーンで落とします。
123-3_210312.jpeg

④ 4. 打ち粉をつけた手で生地を優しく取りあげ、手のひらで厚さ3mmほどの円型に整えてクッキングシートを敷いた天板に4~5枚並べます。
123-4_210312.jpeg

⑤ 5. オーブンは、250℃に予熱します。4を30℃の環境で10分ほど発酵させたら、フォークで数カ所穴を開け、短く切ったローズマリーをのせます。オリーブオイルを回しかけて、ハーブソルトをふり、250℃に予熱したオーブンで5分焼きます。(天板2枚を2回に分けて焼きます。)
123-5_210312.jpeg

ポイント

・ぬるま湯は人肌程度を目安にして下さい。
・とても軟らかい生地なので打ち粉をたっぷりして成形して下さい。

ケチャップ味のスパゲッティにちょこんと座った小さなひよこがとっても可愛い巣ごもりうずら。スパゲッティはレンジ調理でとっても簡単です。子どもが大好きな味付けで、お弁当にもぴったり!お弁当を開けたら思わず笑顔がこぼれます♪

材料

【材料】
4人分
スパゲッティ…40g
玉ねぎ…20g
ベーコン…15g
しめじ…10g
水…100ml
☆ケチャップ…大さじ1
☆コンソメ顆粒…小さじ1/5
☆塩…ふたつまみ
☆オリーブオイル…小さじ1/5
うずらの卵…4個
黒ごま…8粒
ケチャップ…少々
レタス…小4枚

作り方

① 1.玉ねぎとベーコンは5mm幅に切り、しめじは小房に分けて深さのある耐熱容器に入れます。スパゲッティを長さ3等分に折って入れ、水を加えて耐熱ラップをふんわりとかけます。レンジを500wに設定しスパゲッティの茹で時間を4回に分けて加熱します。その都度レンジから取り出して混ぜます。
122-1_210312.jpeg

② 2.レンジ加熱が終わったらラップをしたまま5分蒸らし、☆を加えてよく混ぜます。
122-2_210312.jpeg

③ 3.鍋にうずらの卵とかぶるくらいの水(分量外)を入れて中火にかけます。沸々してきたら混ぜながら弱火で3分茹でます。
122-3_210312.jpeg

④ 4. うずらの卵を素早く氷水にとり、丸みのある側からヒビを入れて殻をむきます。白身の中央にナイフの先でギザギザの切り込みを入れ上下の白身をやさしく外します。
122-4_210312.jpeg

⑤ 5. 白身と黄身を元に戻すように軽く重ね、黒ごまで目をつけます。レタスは器型にして爪楊枝で留め、2を盛りつけます。うずらの卵をのせて箸先を使ってケチャップで口をつけたらできあがりです。
122-5_210312.jpeg

ポイント

・うずらの卵は、生のものを茹でて使います。うずら水煮は黄身が崩れやすいです。
・吹きこぼれ防止のため深さのある耐熱容器を使い、耐熱ラップはふんわりかけて下さい。
・レンジ加熱後は器が熱くなるので火傷に注意して下さい。

ラップで丸く握ったおにぎりに切り込みを入れて、かにかまとチーズ、きゅうりのミックスをのせるだけ!食感がよくコロッと可愛らしいカラフルな手鞠おにぎりは、お弁当やパーティーメニューにもおすすめです。

材料

【材料】
6個分
ご飯…300g
きゅうり…20g
塩…少々
かにかま…2本
プロセスチーズ…15g
塩…少々
焼き海苔…1枚

作り方

① 1.きゅうりは細かく刻んで塩をふります。かにかま、プロセスチーズも細かく刻み、混ぜ合わせます。
121-1_210312.jpeg

② 2.ラップにご飯を50gずつのせ、塩少々をふって丸く握ります。
121-2_210312.jpeg

③ 3.焼き海苔を6等分し2をのせ、ラップを使って焼き海苔で2を包みます。
121-3_210312.jpeg

④ 4. ラップを外し、水で軽くぬらしたキッチンばさみでおにぎりの上半分に切り込みを入れます。
121-4_210312.jpeg

⑤ 5. 切り込みを少し開き、1をのせます。
121-5_210312.jpeg

ポイント

・ラップを使うことで綺麗に丸く握ることができます。
・焼き海苔でご飯を包んだ後はラップに包んだまま長い時間放置せず次の作業に進んで下さい。放置すると海苔がラップにくっつきやすくなります。

ラップを使って棒状に形を整えた手作りチキンハムは、ラップ効果で味がしっかり浸透し、美味しさ抜群!冷蔵庫で5日ほど保存できるので作り置きにもおすすめです。薄く切ってそのまま食べたり、サラダや料理に使うなど重宝します。茹で汁もうま味があるのでスープや炊き込みご飯などにすると美味しいですよ。

材料

【材料】
4人分
鶏むね肉(皮なし)…2枚
塩…大さじ2
砂糖…大さじ2

作り方

① 1.鶏むね肉は厚みをそろえるように包丁を入れて観音開きにし、1枚に対して塩大さじ1、砂糖大さじ1を加え、揉んでまんべんなく調味料をなじませます。
120-1_210312.jpeg

② 2.ラップの上に鶏むね肉を広げてのせます。
120-2_210312.jpeg

③ 3.端から巻いて棒状にラップでしっかり包み、もう一度ラップで包んで冷蔵庫で一晩おきます。
120-3_210312.jpeg

④ 4. 3を常温に戻してからラップを外し、鍋に湯を沸かします。10分茹でたら火を止めて蓋をしたまま冷めるまでおきます。
120-4_210312.jpeg

ポイント

・茹でるお湯は、肉がかぶるくらいの量を沸かして下さい。
・茹で終わったら蓋をしたままおくことで、余熱で火が通りやわらかく仕上がります。
・茹で汁はお好みで調味料を加え、スープや炊き込みご飯にすると美味しいです。是非ご活用下さい。

食パンで魚肉ソーセージとチーズを巻き、卵液をしっかり染みこませて焼いたフレンチトーストです。きつね色に焼けたパンにケチャップをかければ、まるでアメリカンドッグ!朝食や軽食、おやつに、チーズがとろ~りのびる熱々をどうぞ!

材料

【材料】
2人分
食パン6枚切り…2枚
魚肉ソーセージ…1本(70g)
ピザ用チーズ…20g
☆無調整豆乳…150ml
☆溶き卵…1個分
サラダ油…小さじ1
ケチャップ…大さじ2

作り方

① 1.食パンは耳を切り落とし、麺棒で薄くのばします。
119-1_210312.jpeg

② 2.ラップを広げて食パンを横長にのせ、縦半分に切った魚肉ソーセージ、ピザ用チーズを中央よりやや手前にのせます。
119-2_210312.jpeg

③ 3.ラップごと手前から奥に向かって食パンを巻いていき、ラップでしっかり包んで形を整えます。
119-3_210312.jpeg

④ 4. 巻いた食パンが浸るサイズのバットに☆を入れてよく混ぜ、3のラップを外して15分浸し、裏返してさらに15分浸します。
119-4_210312.jpeg

⑤ 5. フライパンにサラダ油を熱し、4の巻き終わりを下にして並べます。途中で転がしながら全体に焼き色がつくまで中火で焼きます。ケチャップをかけて召し上がって下さい。
119-5_210312.jpeg

ポイント

・焼きはじめは形が崩れないように、巻き終わりを下にして焼きます。焼き固まったら転がして全体に焼き色をつけます。
・冷めても美味しいですが、冷めたらラップをしてレンジで600w1分温めなおすと焼きたてのように中のチーズがとろけます。
・切り落としたパンの耳は、トーストしてジャムやグラニュー糖をつけるなど無駄なくご活用下さい。

離乳食後期の赤ちゃん向けにやわらかく仕上げたかぼちゃのきんつばです。手づかみ食べにもピッタリ♪かぼちゃの鮮やかな色と自然の甘みで赤ちゃんも喜んでくれるはず!離乳食後期にはもちろん、完了期や幼児期のお子様のおやつにも最適です。

材料

【材料】
4人分
かぼちゃ…正味150g
★水…大さじ3
★粉寒天…小さじ1/5
☆薄力粉…大さじ1と1/3
☆片栗粉…小さじ1
☆水…大さじ2

作り方

① 1.耐熱容器に★を入れてよく混ぜ、ラップをしてレンジで600w1分加熱します。一度混ぜたら、再びラップをして600w1分加熱し、30秒以上よく混ぜます。
118-1_210312.jpeg

② 2.かぼちゃをラップまたは、耐熱ラップに包みレンジで600w3分ほど加熱してやわらかくします。
118-2_210312.jpeg

③ 3.かぼちゃの皮を除いてマッシュし、1を加え混ぜます。ラップで包み、1cm厚さの四角に整え、冷蔵庫で1時間以上冷やします。冷やし固まったら12等分にカットします。
118-3_210312.jpeg

④ 4. ボウルに☆を入れて泡立て器でよく混ぜ、3の一面を付けます。
118-4_210312.jpeg

⑤ 5. フライパンにサラダ油を熱して☆を付けた面を下にして並べます。焼いた面が白く固まったら、別の一面に☆を付け、再びフライパンに並べて焼き、全ての面が焼き終わったら形を整えます。
118-5_210312.jpeg

ポイント

・かぼちゃの加熱時間は、やわらかくなるまで調整して下さい。
・冷やし固めた後もやわらかく崩れやすいので、扱いに注意しながら焼いて下さい。

メレンゲでふんわりやわらかいダックワーズ生地をポリ袋で絞り出して焼き上げました。キッチンパックを絞り出し袋代わりにすれば絞り口金がなくても大丈夫♪お手軽で簡単です!
ゆで栗で作る栗クリームの風味に、アーモンドをたっぷり使ったダックワーズ生地の香ばしさがよく合います。

材料

【材料】
6個分
【生地】
卵白…2個分
砂糖…大さじ2と1/2
アーモンド(ロースト)…65g
☆砂糖…大さじ3と1/2
☆薄力粉…大さじ1と1/3
粉糖…大さじ2
【栗クリーム】(作りやすい分量)
ゆで栗…正味250g
砂糖…50g
水…100ml
生クリーム50ml

作り方

① 1.【栗クリームを作ります】ゆで栗は半分に切り、実をスプーンで取り出して250g用意します。鍋に、栗、砂糖、水を入れて混ぜ、中火にかけて5分煮ます。生クリームを加え、混ぜながら弱火で3分ほど煮立たせます。
117-1_210312.jpeg

② 2.フードプロセッサーに移して、なめらかになるまで撹拌し、栗クリームのできあがりです。
117-2_210312.jpeg

③ 3.【生地を作ります】ボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーで軽く泡立てたら砂糖を3回に分けて加えます。その都度よく泡立て、角がピンと立つメレンゲを作ります。
117-3_210312.jpeg

④ 4. アーモンドはミルミキサーで粉状にしてから☆と合わせ、3に加えてゴムべらでさっくりと混ぜ合わせます。
117-4_210312.jpeg

⑤ 5. オーブンを180℃に予熱しておきます。ポリ袋に生地を入れて袋の口を縛り、底の角1カ所を絞り出しができるようにキッチンバサミで切り落とします。
117-5_210312.jpeg

⑥ 6. クッキングシートを敷いた天板に生地を円状に絞り出し、12個の円を作ります。茶こしで粉糖をふかけて、180℃に予熱したオーブンで12~15分焼きます。
117-6_210312.jpeg

⑦ 7.焼きあがったらケーキクーラなどに並べて冷まし、2の栗クリームを挟みます。
117-7_210312.jpeg

ポイント

・ゆで栗の実を取り出す際は、渋皮が入らないように注意しましょう。
・アーモンドはミルミキサーでしっかり粉状になるまで撹拌して下さい。アーモンドを使用することで香ばしく仕上がります。アーモンドパウダーでも代用可能です。
・栗クリームのレシピは作りやすい分量になっています。ダックワーズ6個分で1/4量ほど使用します。残りは煮沸消毒した瓶などに詰めて冷蔵庫で約10日保存可能です。

生のまま薬味として使うことが多いみょうがを味噌漬けにしてみませんか?6月~10月が旬のみょうがは、香りが良く、味噌との相性も抜群です。キッチンパックを使えば、最小限の調味料で味が染みやすく、簡単に美味しく漬かります!

材料

【材料】
作りやすい分量
みょうが…10個
☆味噌…大さじ2
☆砂糖…大さじ1

作り方

① 1.みょうがは縦半分に切り、流水でよく洗った後、10分ほど水にさらします。
116-1_210312.jpeg

② 2.キッチンパックに☆を入れてよく混ぜておきます。
116-2_210312.jpeg

③ 3.1のみょうがを手で握ってしっかり水気をきり、2のキッチンパックに入れます。袋の外からよく揉んで、できるだけ空気を抜いて袋の口を縛り、冷蔵庫で2日以上漬けます。冷蔵庫で3週間保存可能です。
116-3_210312.jpeg

ポイント

・みょうがは水にさらしてアク抜きをしてから漬けます。
・2日漬けたら食べ頃です。日が経つ毎に味が馴染んでいきます。

赤味噌を使うと、芳醇で味わい深い照り焼きに仕上がります。また、手羽先は粉をまぶしてから焼くことで、肉質がやわらかく仕上がり、味もしっかり絡みます。粉をまぶす作業はキッチンパックを使うと便利!袋を上下に振るだけでまんべんなく粉をまぶすことができ、手も汚れません!

材料

4人分
鶏手羽先…8本
塩…少々
薄力粉…大さじ2
にんにく…1かけ
☆赤味噌…小さじ1
☆みりん…大さじ1と1/2
☆醤油…大さじ1
☆砂糖…小さじ2/3
サラダ油…小さじ1
白いりごま…大さじ2

作り方

① 1.にんにくはすりおろして、☆と一緒に混ぜ合わせておきます。
115-1_210312.jpeg

② 2.鶏手羽先をキッチンパックに入れ、塩を加えて袋の外からよく揉みます。
115-2_210312.jpeg

③ 3.薄力粉を加え、袋の口をしっかり握って、袋を上下に振り、粉をまんべんなくまぶします。
115-3_210312.jpeg

④ 4. フライパンにサラダ油を熱し、鶏手羽先を並べて蓋をして中火で焼きます。焼き色がついたら裏返し、両面に焼き色がついたら1を回し入れ煮絡めます。皿に盛りつけて白いりごまをふります。
115-4_210312.jpeg

ポイント

・袋を上下に振って、薄力粉をまんべんなくまぶして下さい。
・1を加えた後は、焦げやすいので火加減に注意して下さい。

クッキング調理袋で作るピクルスのレシピです。そのままでは少し辛味を感じるラディッシュもピクルスにすると辛味が抜けてお子さまでもポリポリ食べられます。野菜はラデッシュの他に、キャベツ、人参、きゅうり、セロリなどお好みのものでアレンジ自在!日持ちするので作り置きしておくと便利ですよ。

材料

【材料】
4人分
ラデッシュ…正味200g
A塩…10g
A水…200ml
☆水…大さじ3
☆はちみつ…25g
☆砂糖…25g
酢…大さじ6

作り方

① 1.ラディッシュは大きさに合わせて縦4~6等分に切り、Aに一晩漬けます。
114-1_210312.jpeg

② 2.鍋に☆を入れて混ぜながら加熱し、調味料が溶けきったら酢を加えます。ひと煮立ちさせ火を止めて冷まします。
114-2_210312.jpeg

③ 3.1をざるにあけ、ラディッシュをクッキング調理袋に入れて2を注ぎ入れます。袋の口を縛り、冷蔵庫で2日以上漬けたら食べ頃です。
114-3_210312.jpeg

ポイント

・冷蔵庫で2日以上漬けたら食べ頃です。4日ほど漬けると写真のように全体が赤く染まってきます。冷蔵庫で保存して1週間以内に食べきりましょう。

さつま芋の甘さが優しく溶け込んだ豆乳と昆布だしのポタージュです。ポタージュはとろみがあるので赤ちゃんにとても食べやすいですよ。

材料

【材料】
1人分
蒸しさつま芋…15g
薄力粉…小さじ1
無調整豆乳…大さじ2
☆昆布だし…大さじ1
☆無調整豆乳…大さじ1

作り方

① 1.耐熱性の器に薄力粉を入れ、豆乳大さじ2を少しずつ加えよく混ぜます。粉が完全に溶けたらラップをしてレンジで500w40秒加熱します。
113-1_210312.jpeg

② 2.加熱が終わったら素早く混ぜます。
113-2_210312.jpeg

③ 3.蒸しさつま芋を加え、芋をつぶしながらよく混ぜます。
113-3_210312.jpeg

④ 4. ☆を加えてさらによく混ぜたら、レンジで人肌の温度になるまで500w20秒ほど加熱してできあがりです。
113-4_210312.jpeg

ポイント

・蒸しさつまいもは『レンジで♪失敗しない蒸しさつま芋』のレシピを是非参考にして下さい。
・レンジ加熱後は器が熱くなるので火傷に注意して下さい。
・昆布だしはあらかじめ作っておきましょう。(作り方は水500mlに昆布5gを10分以上浸します。火にかけて沸騰する前に昆布を取り出して、煮立たせたらできあがりです。使いきれない分は小分けして冷凍できます。)

さつま芋をレンジ加熱して固くなったりパサついてしまった経験はありませんか?レンジでも耐熱ラップを使って水分を保ちながら低いワット数で加熱すると失敗せずに蒸しさつま芋ができますよ。蒸しさつま芋は、おやつやおかず、離乳食など色々使えて便利です。冷凍保存もできるので是非活用して下さい♪

材料

【材料】
作りやすい分量
さつま芋…100g
水…小さじ1

作り方

① 1.さつま芋は皮つきのまま水洗いし、広げた耐熱ラップにのせ、水を加えます。
112-1_210312.jpeg

② 2.加えた水がラップからこぼれないように注意しながら、さつま芋と水を耐熱ラップでしっかり包みます。レンジで200w5分加熱し、裏返してさらに200w3分加熱します。ラップをしたまま粗熱が取れるまで放置したらできあがりです。
112-2_210312.jpeg

③ 3.冷凍保存する場合は、使いやすい大きさに小分けしてラップで包み、ポリ袋などに入れて冷凍します。使う時は自然解凍して使って下さい。
112-3_210312.jpeg

ポイント

・レンジの出力は200wに設定して下さい。ワット数が高くなると固くなったりパサつく原因になります。
・加水量、加熱時間はさつま芋の重量によって異なります。たくさん作りたい場合でも100gずつ小分けにしレシピ通り作ることをおすすめします。
・レンジ加熱後は熱くなるので火傷に注意して下さい。

クランブルのサクサク感としっとりした生地、焼いたプルーンのハーモニーが絶妙に美味しいカップケーキです。プルーンは『西洋すもも』とも呼ばれ、しっかりした食感と濃厚な甘酸っぱさがあります。旬は7~10月、生食はもちろん、焼き菓子に入れて味わってみて下さい。焼くと軟らかくジューシーな甘みと程よい酸味を味わえます。

材料

【材料】
6個分
☆薄力粉…80g
☆アーモンドパウダー…10g
☆ベーキングパウダー…4g
卵…2個
砂糖…80g
バター…60g
プルーン(生)…3個
【クランブル】
アーモンドパウダー…20g
薄力粉…10g
バター…10g
砂糖…10g

作り方

① 1.クランブルのバター10gは常温に戻しておきます。ボウルにクランブルの材料を全て入れ、ゴムべらでバターをつぶしながら全体をよく混ぜたら、手でポロポロにし、ラップをして冷蔵庫に入れます。
111-1_210312.jpeg

② 2.プルーンは種を避けて縦にそぎ切りにし、横半分にカットします。
111-2_210312.jpeg

③ 3.別のボウルに卵を割りほぐし砂糖を加えて泡立て器でよく混ぜます。白っぽくなるまで混ぜたら、☆をふるい入れてさらによく混ぜます。
111-3_210312.jpeg

④ 4. 耐熱容器にバター60gを入れてラップをし、レンジで600w30秒加熱します。オーブンは180℃に予熱しておきます。
111-4_210312.jpeg

⑤ 5. 3に4の溶かしバターを加え混ぜたらアルミカップに6分目ほど生地を流し入れ、2のプルーンを軽く押しながら入れます。
111-5_210312.jpeg

⑥ 6. 1のクランブルをかけて、軽く手でおさえたら、180℃に予熱したオーブンで15~20分焼きます。焼きあがったらケーキクーラなどにのせて冷まします。
111-6_210312.jpeg

ポイント

・クランブルは手でポロポロになるように混ぜた後、冷蔵庫で冷やすことで扱いやすくなります。
・焼くと生地が膨らむので、アルミカップに流し入れる生地は6分目が目安。プルーンを加えて7分目が目安です。
・クランブルは、かけた後に軽く手でおさえましょう。生地が膨らんだ時に外れるのを防ぎます。

「五平餅」は、お餅のようにつぶしたご飯を平らな形に整えて串に刺し、味噌ダレをつけて焼き上げた中部地方の山間部発祥の郷土料理です。甘い味噌ダレは子どもから大人まで大好きな味!串に刺さず簡単に作って、おやつや軽食代わりにいかがでしょうか。

材料

【材料】
7個分
温かいご飯…490g
☆味噌…大さじ1と1/2
☆砂糖…大さじ1
☆みりん…大さじ1
☆醤油…小さじ2
☆酒…小さじ1
炒りすりごま…大さじ2

作り方

① 1.耐熱性の器に☆を入れて混ぜ、ラップをかけレンジで500w1分加熱して炒りすりごまを加えてよく混ぜます。
110-1_210312.jpeg

② 2.ボウルに温かいご飯を入れ、すりこ木などを使って、ご飯の粒がほぼなくなるまでつぶします。
110-2_210312.jpeg

③ 3.7等分してラップに包み、平らな楕円状に形を整えます。
110-3_210312.jpeg

④ 4. 魚焼きグリルに並べて焼きます。途中で裏返して両面こんがり焼き色がつくまで焼きます。
110-4_210312.jpeg

⑤ 5. 表面に1を塗り、焦げないように注意してさらに1~2分焼いたらできあがりです。
110-5_210312.jpeg

ポイント

・温かいご飯を使うことでつぶしやすくなります。すりこ木を水でぬらすとスムーズにつぶしやすいです。
・つぶしたご飯はべたつくので、成形する作業はラップを使うと簡単にできます。

ほどよい苦味とポリポリ食感が後を引くゴーヤの漬物です。ゴーヤにはビタミンCや葉酸、カリウムが多く含まれているので、旬の時に是非食べたい食材!ヘルシーおつまみとしても最適な一品です。

材料

【材料】
4人分
ゴーヤ…小1本(正味200g)
塩…小さじ1/4
☆水…100ml
☆醤油…50ml
☆みりん…50ml
砂糖…25g
酢…大さじ1
ごま油…小さじ1

作り方

① 1.ゴーヤは縦半分に切って種とワタをスプーンで丁寧に取り除いて薄切りにします。
109-1_210312.jpeg

② 2.ボウルに塩と水50ml(分量外)を入れ、ゴーヤを加えて手でよく混ぜます。
109-2_210312.jpeg

③ 3.2をざるにあけ、流水で揉むように洗います。
109-3_210312.jpeg

④ 4. 耐熱容器に☆を入れてラップをし、レンジで600w2分半加熱したら、砂糖と酢、ごま油を加えてしっかり溶かします。
109-4_210312.jpeg

⑤ 5. ゴーヤの水気をしっかり絞ってホーローなどの保存容器に移し、4を加えます。表面にラップがピタッとつくように蓋をしてから容器の蓋をして冷蔵庫で一晩以上漬け込みます。
109-5_210312.jpeg

ポイント

・ゴーヤのワタは特に苦味が強いので、丁寧に取り除きましょう。
・流水でよく洗うと苦味が和らぎます。
・一晩漬けると食べられますが、3日以上漬けるとさらに味が馴染んで美味しくなります。冷蔵庫で保存して2週間以内に食べきりましょう。

梅酢の爽やかな香りと酸味、夏野菜のポリポリ食感が、夏バテ予防にぴったり!体をしゃきっと元気づけてくれます!柴漬けは本来、赤じそを使い乳酸発酵させた漬物ですが、最近は着色料などを使った調味液漬けの柴漬けが主流になってきています…。今回は梅酢の色と酸味を活用し、手軽に作れる柴漬けレシピをご紹介します。

材料

【材料】
4人分
なす…2本
きゅうり…2本
みょうが…60g
塩…野菜の総重量の3%
☆梅酢…100ml
☆砂糖…大さじ1

作り方

① 1.なすは縦4等分にしてから8mm幅の斜め切りにし、10分水にさらします。
108-1_210312.jpeg

② 2.きゅうりは縦半分にしてから5mm幅の斜め切りにします。みょうがは斜め薄切りにします。
108-2_210312.jpeg

③ 3.1の水気をきり、2と合わせてキッチンパックに入れます。総重量の3%の塩を加えて袋の外から揉んで空気を抜くようにして口を閉じます。そのまま3時間おきます。
108-3_210312.jpeg

④ 4. 3の水気を絞り、再びキッチンパックに戻し、☆を加えて袋の外から揉みます。袋の中の空気を抜くようにして口を閉じ、冷蔵庫で3日以上おいたらできあがりです。
108-4_210312.jpeg

ポイント

・塩で漬けた後は、しっかり水気を絞って下さい。両手で絞るとしっかり絞れます。
・☆を加えた後、冷蔵庫で3日以上漬けたら食べ頃です。冷蔵庫で保存して2週間以内に食べきりましょう。

水切りヨーグルトを使った爽やかなレアチーズケーキです。ヨーグルトを加えることでカルシウムもたっぷり!成長期のお子さまのおやつタイムにもおすすめです。

材料

【材料】ケーキ型(径18cm)1台分
プレーンヨーグルト…400g
クリームチーズ…150g
砂糖…60g
レモン汁…大さじ1
生クリーム…200ml
粉ゼラチン…10g
水…大さじ2
ビスケット…60g
バター…40g

作り方

① 1.ヨーグルトはクッキングペーパーを当てたざるに入れてラップをし、冷蔵庫で3時間以上おいて200gになるまで水切りします。
107-1_210312.jpeg

② 2.バターは10等分に切ってクッキング調理袋に入れて常温に戻し、ビスケットを加えて袋の外から手でもみ、よく混ぜ合わせます。ラップを敷いたケーキ型の底に敷き詰めて冷蔵庫で冷やし固めます。
107-2_210312.jpeg

③ 3.ボウルにクリームチーズを入れて常温に戻し、ゴムベラでなめらかし砂糖を3回に分けて加え混ぜたら、1とレモン汁を混ぜます。
107-3_210312.jpeg

④ 4. 氷水を当てたボウルに残りの生クリーム150mlを入れ、7分立てになるまで泡立てます。
107-4_210312.jpeg

⑤ 5. 直径が7cmほどの丸型(茶碗などでもOK)で生地を型抜きして中央をペットボトルのキャップで型抜きます。片面のみ外周と中央の円の間に爪楊枝で筋を入れます。
107-5_210312.jpeg

⑥ 6. 3に4を少しずつ加え混ぜ、続けて5を少しずつ加えてよく混ぜたら型に入れ、表面を平らにならします。ラップをして冷蔵庫で3時間以上冷やし固めます。
107-6_210312.jpeg

ポイント

・ビスケットを砕く袋は、丈夫なクッキング調理袋の使用がおすすめです。
・お好みでジャムを添えてお召し上がり下さい。ベリー類のジャムがよく合います。

圧力鍋で煮込んだ豚かたまり肉を調理袋で漬けると味がしっかり染みこんで、とっても美味しい煮豚に仕上がります。日持ちするので、作り置きしておけば、チャーシューとしてラーメンやサラダにトッピングしたり、角切りにして炒飯に加えるなど万能に使えます。残った煮汁は、炊き込みごはんにしても美味しいです♪

材料

【材料】
4人分
豚ももブロック(たこ糸で縛ったもの)…500g
紅茶のティーパック…1個
水…豚肉が8分目まで浸る量
☆水…100ml
☆紅茶のティーパック…1個
☆みりん・・大さじ2と1/3
☆醤油・・大さじ2と1/3
☆砂糖…大さじ1
☆はちみつ…大さじ1
お好みの生野菜…適量

作り方

① 1.圧力鍋に豚肉と紅茶のティーパックを1個入れ、水を加えて火にかけ5分加圧します。圧力が完全に下がったら、別の鍋に☆を煮立たせて、豚肉を移し入れ時々煮汁を豚肉にかけながら10分煮ます。
106-1_210312.jpeg

② 2.クッキング調理袋に移して口を閉じ、冷蔵庫で1日以上おきます。
106-2_210312.jpeg

③ 3.豚肉を3~5mm厚さに切って皿に盛り、袋に残った汁を煮詰めてタレを作ります。お好みの生野菜を添え、タレをかけて召し上がって下さい。
106-3_210312.jpeg

ポイント

・クッキング調理袋で漬けることでムラ無く味が染みます。漬ける時は袋の中の空気をできるだけ抜いて口を閉じて下さい。
・冷蔵庫で5日ほど保存可能です。

レンジで簡単にできる離乳食中期のレシピです。耐熱ラップに茄子を丸ごと包んで加熱することで水分を逃がさず、みずみずしい仕上がりになります。とろとろの茄子に美味しいお出汁が染みこんで、素材の味も伝わります。

材料

【材料】
2人分
なす…1本(正味60g)
☆かつお節…大さじ1
☆水…大さじ2
昆布のだし汁…大さじ1
醤油…2g

作り方

① 1.なすは皮をむき、水を入れたボウルに入れて、水でぬらしたラップをなすの表面にかぶせて10分おきます。
105-1_210312.jpeg

② 2.かつお節と水を耐熱容器に入れてふんわりとラップをし、レンジで600w30秒加熱し、昆布だしと醤油を加え混ぜます。
105-2_210312.jpeg

③ 3.なすにかぶせていたラップでなすを包み、レンジで600w1分加熱します。
105-3_210312.jpeg

④ 4. 粗熱が取れたらラップを外し、なすを5mm角に切ります。2に加えてラップをし、レンジで600w1分加熱します。ラップをしたまま粗熱が取れるまでおきます。
105-4_210312.jpeg

ポイント

・なすは水にさらしアク抜きします。なすが水に浮くので水でぬらしたラップをかぶせます。
・レンジ加熱後は器が熱くなるので火傷に注意して下さい。
・昆布だしはあらかじめ作っておきましょう。(作り方は水500mlに昆布5gを10分以上浸します。火にかけて沸騰する前に昆布を取り出して、煮立たせたらできあがりです。使いきれない分は小分けして冷凍できます。)

がごめ昆布は函館周辺の特産品で強い粘りが特徴的な昆布です。色々なお料理に使えますが、今回はネバネバ野菜のオクラと組み合わせた和え物レシピをご紹介します。食欲が減退しがちな暑い季節に、ツルツルと食べやすいですよ。耐熱ラップとボウル1つで簡単にできます。

材料

【材料】
4人分
オクラ…100g
☆がごめ昆布…3g
☆水…大さじ2
大豆水煮…80g
トマト…大1個
★めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1
★バルサミコ酢…小さじ1

作り方

① 1.ボウルに☆を入れ30分常温におきます。オクラは先端のガクを剥き、耐熱ラップでピタッと包んでレンジで600w1分半加熱します。
104-1_210312.jpeg

② 2.レンジ加熱後そのまま1分おいてから、ラップを外して氷水に入れます。
104-2_210312.jpeg

③ 3.トマトと2を1cm角に切り、1のボウルに入れ大豆水煮を加えます。合わせておいた★で全体をよく和えます。
104-3_210312.jpeg

ポイント

・がごめ昆布は水を加えて30分常温で戻すことで粘りが増します。
・レンジ加熱後は食材が熱くなるので火傷に注意して下さい。
・オクラはレンジ加熱後に氷水で冷やすと緑が鮮やかに仕上がります。