検索
   newポリラップ

雨の中の宅配で風邪をひいてしまったキキに、おソノさんが作ってくれたミルク粥。弱った体にも栄養が染みわたりそうで印象的でしたよね!今回はそのミルク粥を再現してみます!リゾットのような感覚で食べられてとてもおいしいですよ!

材料

【材料】
1人分
玉ねぎ…2分の1個
牛乳…300cc
コンソメ顆粒…小さじ1杯程度
ご飯…お茶碗1杯程度
チーズ…適量
黒コショウ…適量
オリーブ油…大さじ2分の1杯

作り方

① 1.みじん切りした玉ねぎをオリーブ油で炒めます。
199-1_210313.jpeg

② 2.そこに牛乳とコンソメ顆粒、黒コショウを加えて煮ます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.沸騰してきたらチーズを加えて溶かします。
199-3_210313.jpeg

④ 4. 最後にお米を加えて、1~2分煮込んだら完成です。
199-4_210313.jpeg

ポイント

・たまねぎをしっかりと炒めた方が苦みがなくなります。
・あっさりめに食べたい時はチーズの分量を減らしてください。逆にもっとボリュームが欲しい場合はベーコンを加えるとおいしく食べられます。

「天空の城ラピュタ」に出てくるシータのシチューを再現しました。

材料

【材料】
4人分
牛肉(カレー用)…300g
玉ねぎ…2個
にんじん…2個
じゃがいも…3個
薄力粉…大さじ2杯
赤ワイン…100cc
デミグラスソース缶…1缶
トマト缶…2分の1缶
ウスターソース…大さじ3杯
コンソメ顆粒…大さじ2杯
水…800cc
ローリエ…3枚程度
チーズ…適量
塩コショウ…適量
サラダ油…大さじ2分の1杯

作り方

① 1.鍋にサラダ油を入れて牛肉に表面に火を入れます。塩コショウも振ってください。
199-1_210313.jpeg

② 2.野菜を一口大に切ります。
199-2_210313.jpeg

③ 3.お肉に火が入ったら一旦お肉は取り出し、そこに野菜を加えて3分ほど炒めます。
199-3_210313.jpeg

④ 4. 鍋にお肉を戻し、小麦粉を加え具材全体に馴染ませたら、ワインを回し入れます。
199-4_210313.jpeg

⑤ 5. 次に水と残りの調味料を全て加えてよく混ぜます。
199-5_210313.jpeg

⑥ 6. 調味料が馴染んだらローリエを加えて20分ほど煮込みます。
199-5_210313.jpeg

⑦ 7. 最後にお好みでチーズを加えたら完成です。
199-5_210313.jpeg

ポイント

・お肉に絡めるように赤ワインを振りかけることで臭みを取っています。
・映画ではチーズをナイフで削って入れているので塊のチーズを選びました。
・つけあわせにパンを焼きました。

「風立ちぬ」で出てきたシベリアというお菓子を再現しました。シベリアは愛知にできたジブリパークでも販売されていたぐらい有名なジブリ飯の1つです。ふわふわのカステラにようかんを挟めば簡単に出来上がるので是非試してみてくださいね!

材料

【材料】
4人分
☆カステラ
強力粉…100g
卵…4個
砂糖…80g
みりん…大さじ2杯
はちみつ…大さじ2杯
サラダ油…大さじ1杯

☆ようかん(18×18cm)
つぶあん…400g
砂糖…100g
水…300ml
粉寒天…6g

作り方

☆カステラ
① 1.卵をボウルに割り、そこに砂糖を加えます。
199-1_210313.jpeg

② 2.40度のお湯で湯煎しながら泡だて器で6分程度泡立てます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.垂らした液体がリボン状になるぐらいまで泡立てていきましょう。
199-3_210313.jpeg

④ 4. ふるった強力粉を3回ぐらいに分けさっくりと切り混ぜし、最後は泡だて器の低速で1~2分泡立てます。
199-4_210313.jpeg

⑤ 5. 型に入れたら3回ほどストンと上から落として空気を抜いたら、180度に余熱したオーブンで10分焼き、140度に下げたオーブンで30分程度焼きます。
199-4_210313.jpeg

☆ようかん
① 1. 鍋に水と粉寒天を加えて煮立たせます。
199-5_210313.jpeg

② 2. 煮立ったらそこにつぶあんを加えてよく混ぜます。
199-5_210313.jpeg

③ 3.つぶあんが馴染んだらひと煮立ちさせ、型に流し込み、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固めます。
199-3_210313.jpeg

カステラ、ようかんをそれぞれ切って、サンドイッチのようにようかんを挟んだら完成です。

ポイント

・カステラは市販品でも大丈夫です!余裕あれば作ってみると焼きたてもおいしいです。
・カステラは膨らみにくいのでしっかりと泡立てて、泡を潰さないようにしましょう。

あじの干物としば漬けを混ぜたおにぎりです。塩分のある食材を使用するので塩は加えず、塩加減は具材だけでバッチリ!しば漬けの香りと食感が干物のおいしさを引き立てて、魚の臭みもゼロ!子どもから大人まで何個でも食べたくなるおいしさです。

材料

【材料】
3~4個
温かいご飯…1合分(330g)
あじの干物(焼いたもの)…正味40g
しば漬け…25g
いりごま…大さじ1

作り方

① 1.あじの干物(焼いたもの)は骨を除いて身をほぐし、しば漬けは刻みます。
199-1_210313.jpeg

② 2.温かいご飯に1を混ぜます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.いりごまを加え混ぜます。
199-3_210313.jpeg

④ 4. お好みの大きさになるように等分して、ラップで包んでおにぎりを握ります。
199-4_210313.jpeg

ポイント

・あじの干物は、かますなど他の魚の干物で代用してもおいしく作れます。

子どもにも安心な無漂白のクッキングシートで塩鮭と野菜を包んだレンジ蒸しです。包みを開けると、子どもが大好きなチーズがとろりとのびて、まるでピザ風!鮭の塩味が野菜の甘みを引き立ててくれるので、味付け不要で簡単です。

材料

【材料】
4人分
塩鮭…4切
玉ねぎ…200g
ミニトマト…8個
パセリみじん切り…大さじ4
ピザ用チーズ…60g
酒…小さじ4

作り方

① 1.玉ねぎは薄切りにします。クッキングシートを4枚広げて、それぞれに玉ねぎをのせます。
199-1_210313.jpeg

② 2.ミニトマトは1個を4等分に切ります。1に、塩鮭、ミニトマト、ピザ用チーズ、パセリみじん切りの順にのせ、酒を回しかけます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.クッキングシートの上下の端を合わせて1cm幅に折りたたみ、左右をそれぞれ折りこんで包みます。1人分ずつレンジで600w4分加熱します。
199-3_210313.jpeg

ポイント

・無漂白のクッキングシートを使うので子どもにも安心です。
・玉ねぎ、塩鮭、ミニトマト、ピザ用チーズ、パセリみじん切りの順に入れて包みます。
・加熱ムラを防ぐため、1人分ずつそれぞれレンジで600w4分加熱して下さい。

子どもから大人まで大人気のトロたくを具材にした太巻きです。たくあんは細かく刻むと子どもも食べやすくなります。ほうれん草も一緒に巻いて、おいしく野菜も摂れる太巻きレシピです。

材料

【材料】
2本分
ご飯…500g
☆酢…35ml
☆砂糖…大さじ1と1/2
☆塩…小さじ4/5
ほうれん草…100g
まぐろのたたき…100g
たくあん…60g
焼き海苔…2枚

作り方

① 1.☆を合わせて炊きたてご飯に回し入れ、しゃもじで切るように混ぜます。
199-1_210313.jpeg

② 2.鍋に熱湯を沸かし、ほうれん草を1分半茹でます。茹であがったら水にさらして水気を絞ります。
199-2_210313.jpeg

③ 3.たくあんを細かく刻み、まぐろのたたきに混ぜ合わせます。
199-3_210313.jpeg

④ 4. 巻き簀にラップを敷き、焼き海苔をのせ奥を3cmほど残して1のご飯の半量を均等に広げ、2と3の半量を写真のように交互に並べます。
199-4_210313.jpeg

⑤ 5. ラップと巻き簀を使って手前から奥へ巻いていき、巻き終わったらラップに包んだまま形を整えます。
199-5_210313.jpeg

⑥ 6. もう1本を同様に作り、それぞれ6等分に切ります。
199-5_210313.jpeg

ポイント

・ご飯は、よく冷ましてから海苔で巻きましょう。温かすぎると焼き海苔が蒸れてしまいます。
・ラップを使って巻くことでしっかり形を整えることができます。

節分に作れば、かわいい鬼のパンツ柄に子どもが大喜び!スポンジを焼いたクッキングシートでそのまま巻いて冷やすだけで簡単に綺麗なロールケーキが作れます。甘いバナナを1本まるごと巻くので生クリームは甘さ控えめにしました。具材はお好みのフルーツに代えても楽しめます。

材料

【材料】
2本分(30×25cmのスポンジ1台分)
卵…3個
砂糖…60g
薄力粉…60g
サラダ油…大さじ1
ぬるま湯…大さじ1
ココアパウダー…3g
☆生クリーム…200ml
☆砂糖…15g
バナナ…2本

作り方

① 1.乾いたボウルに卵を入れ、ハンドミキサーで混ぜながら砂糖を6回に分けて加えます。もったりと白っぽくなり、持ち上げてリボン状に落ちるまで泡立てます。
199-1_210313.jpeg

② 2.薄力粉をふるい入れ、ゴムべらでボウルの底から生地をすくうように混ぜ、粉っぽさがなくなったらサラダ油とぬるま湯を合わせたものを加えてさらに混ぜます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.別のボウルに2の生地を30g取り、ココアパウダ-を混ぜます。クッキングシートを広げて、とら模様になるようココア生地を落とします。
199-3_210313.jpeg

④ 4. 上から残りの2の生地を優しく流し入れます。厚さを均一にならして約30×25cmの長方形に整え、190℃に予熱したオーブンで10分焼きます。
199-4_210313.jpeg

⑤ 5. 冷めたら、巻く方向に向かって1cm間隔で軽く切り込みを入れ、半分(約15×25cm)に切り、クッキングシートも半分にカットします。
199-5_210313.jpeg

⑥ 6. 氷水を当てたボウルに☆を入れてハンドミキサーで8分立てに泡立て、5の上に奥1cmを残して広げます。手前にバナナをまっすぐに置き、クッキングシートを持ち上げて巻いていきます。
199-5_210313.jpeg

⑦ 7. 巻き終わりを下にしてクッキングシートの上から定規などでギュッと押さえて形を整えます。そのまま冷蔵庫で1時間以上冷やします。
199-5_210313.jpeg

ポイント

・卵を泡立てるボウルは、きれいな乾いたボウルを使います。水気があると泡立ちにくくなります。
・粉を加えた後は生地の空気がつぶれないようにゴムべらで底からすくうように混ぜましょう。
・生クリームは角が立つ8分立てまで泡立てます。砂糖は控えめの分量です。お好みで30gまで増やして下さい。
・バナナは、できるだけまっすぐ置けるよう必要に応じてカットして調整します。
・クッキングシートを利用して巻き、そのまま冷蔵庫で冷やします。冷やすことでクリームが落ち着き、カットしやすくなります。

節分の福豆は、小さな子どもには固くて飲み込みも心配です。そんな福豆の代わりにピッタリなのが、卵ボーロ!口溶けがよく安心して食べられてコロコロした見た目が福豆にそっくり。きなこと豆乳を使えば、福豆と同じ大豆の香ばしいおいしさが味わえます。福豆ボーロを作って親子で節分を楽しんでみてはいかがでしょうか。

材料

【材料】
30~40粒分
A.卵黄…1個
A.きび砂糖…40g
A.無調整豆乳…大さじ1
B.片栗粉…70g
B.きなこ…30g
B.ベーキングパウダー…2g

作り方

① 1.ボウルにA.を入れて泡立て器でなめらかになるまでよく混ぜます。
199-1_210313.jpeg

② 2.1にB.を3回に分けてふるい入れます。その都度よく混ぜ、最後はゴムべらで混ぜます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.ひとまとまりになったらラップで包み、冷蔵庫で30分以上寝かせます。
199-3_210313.jpeg

④ 4. 30~40等分して両手のひらで転がして丸め、クッキングシートに並べます。170℃に予熱したオーブンで10分焼いたらできあがりです。
199-4_210313.jpeg

ポイント

・粉類(B.)は一度に加えると生地が均一に混ざりにくいので3回に分けて混ぜます。
・ラップに包み、30分以上寝かせることで、焼いた時の膨らみにムラがなくなり、見た目も口あたりも良く仕上がります。

「松風焼き」は、おせち料理にも使われますが、甘みそ味でふっくら冷めても美味しいのでお弁当にもぴったり!赤味噌を使うと、簡単なレンジ加熱だけで焼いたような香ばしさと色合いに仕上がります。

材料

【材料】
4~5人分(450ml耐熱容器使用)
鶏ひき肉…400g
卵…1個
パン粉…40g
長ねぎ…65g
☆赤味噌…大さじ2
☆砂糖…大さじ1と1/2
☆酒…大さじ1
ごま(またはケシの実)…適量

作り方

① 1.鶏ひき肉に卵を加え、フードプロセッサーで混ぜ合わせます。
199-1_210313.jpeg

② 2.ボウルに移し、パン粉を混ぜます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.長ねぎを小口切りにして加え、☆を加えてさらに混ぜます。
199-3_210313.jpeg

④ 4. 耐熱容器に移し、厚さ4cmに平らにならしてごまを散らします。ラップをかけてレンジで600w6分加熱します。
199-4_210313.jpeg

⑤ 5. ラップをしたまま粗熱が取れるまでおき、食べやすい大きさにカットします。
199-5_210313.jpeg

ポイント

・フードプロセッサーで混ぜることで、卵がしっかり撹拌されてふんわり仕上がります。フードプロセッサーがなければ手でしっかりとよく混ぜても作れます。
・レンジ加熱時間はお使いのレンジによって異なる場合があります。ひき肉に火が通るまで調整して下さい。
・赤味噌はお好みの味噌でも代用できますが、焼いたような風味と色合いに仕上がる赤味噌がおすすめです。

「天空の城ラピュタ」でパズーがお店のおじさんに肉だんごを2つ入れてもらうよう頼んだあのスープを再現して作ってもました!野菜もたっぷりなので栄養もバッチリですし、ミニハンバーグが入るので食べ応えもバッチリです♪

材料

【材料】
4人分
☆肉団子
合いびき肉…400g
玉ねぎ…2分の1玉
卵…1つ
パン粉…大さじ2杯程度
塩こしょう…少々
ナツメグ…少々
サラダ油…大さじ1杯

☆トマトスープ
トマト缶…1缶
水…トマト缶の容量分
コンソメ…小さじ2杯程度
ケチャップ…大さじ1杯
白ワイン…20cc
玉ねぎ…2分の1個
にんじん…1本
じゃがいも…2個
マッシュルーム…7個程度
セロリ…3分の2本

作り方

☆肉団子
① 1.みじん切りしたたまねぎを600wで1分半加熱します。
199-1_210313.jpeg

② 2.粗熱が取れたら、そこに他の肉団子の材料を加えて、粘り気が出るまでよくこねます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.粘り気が出てきたらゴルフボール大ぐらいにまとめて、フライパンにサラダ油を入れて肉団子を強火で加熱します。
199-3_210313.jpeg

④ 4. 表面に焼き色がついたらひっくり返して中火でしっかりと火を通します。
199-4_210313.jpeg

☆トマトスープ
① 1. 野菜を2~3cm角の大きさに切って鍋に入れます。
199-5_210313.jpeg

② 2. そこにスープの材料を全て加えます。
199-5_210313.jpeg

③ 3.具材に火が通るまで煮詰めたら完成です。
199-3_210313.jpeg

食べる前に肉団子をスープに乗せてください!

ポイント

・レンジ加熱後はラップが熱くなっているので火傷に注意して下さい。
・時短料理をするために玉ねぎをレンジ加熱しました。
 レンジ加熱することで火の通りが悪くなることを防いでいます。
・肉団子は煮込まず後乗せすることで本家に近づけています。

お芋をすりおろして作るとろろですが、味付けも地域によって異なりますし、こだわって作るとものすごく大変ですよね。でも子どもでも食べやすく滋養強壮にもいいので可能なら手軽に食べたいところです。そこでレンジを使って約3分で作成できちゃうとろろレシピを考えました!

材料

【材料】
4人分
長いも…400g
水…150cc
和風顆粒だし…小さじ1杯
味噌…小さじ1杯
醤油…大さじ2分の1杯

作り方

① 1.耐熱容器に長いもをすりおろしていきます。
199-1_210313.jpeg

② 2.すりおろした長いもに調味料を加えます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.水を加熱し、沸騰させたものを耐熱容器に加えてよく混ぜます。
199-3_210313.jpeg

④ 4. よく混ざったらふんわりとラップをかぶせて600wのレンジで1分半加熱します。
199-4_210313.jpeg

⑤ 5. 調味料の溶け残りをよく混ぜたら出来上がりです。
199-5_210313.jpeg

ポイント

・レンジ加熱後はラップが熱くなっているので火傷に注意して下さい。
・時短料理をするためにレンジ加熱で調理しました。
 レンジ加熱することで味噌などの調味料の溶けをよくし、余分な水分を飛ばしています。
・お好みで刻みのりをちらしてもおいしく召し上がれます!

野菜が苦手な子どもに何とか野菜の栄養を摂ってほしいと思って、丸ごと野菜の栄養を摂取できるように汁物にしました。鶏肉のコクと里芋のホクホクさがとってもおいしい一品に仕上がっています。

材料

【材料】
4人分
里芋…10個
鶏もも肉…1枚
人参…1本
しいたけ…4個程度
ネギ…1本
あげ…1枚程度
水…500cc
酒…大さじ2杯
醤油…大さじ4杯
みりん…大さじ2杯
砂糖…大さじ2杯
和風だし…小さじ1杯

作り方

① 1.皮を剥いて食べやすい大きさに切った里芋を沸騰するまで茹で、ぬめりが取れるまで洗います。
199-1_210313.jpeg

② 2.鶏肉と人参、しいたけを食べやすい大きさに切って鍋に入れます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.クッキングシートをカットし、切り込みを入れて落とし蓋を作ります。
199-3_210313.jpeg

④ 4. 鍋に水と調味料を加えたら、落とし蓋をして鶏肉に火が通るまで加熱します。
199-4_210313.jpeg

⑤ 5. 鶏肉に火が通ったら食べやすい大きさに切ったネギとあげを加え、具材に火が通るまで煮たら完成です。
199-5_210313.jpeg

ポイント

・里芋を別で茹でてぬめりを取ることでアクも取れます。
・クッキングシートを使うことで早く味が回り、また不要なアクがシートにくっついてきます。

クリーミーなクリームチーズと甘酸っぱいキウイが相性抜群でデザートのようなサンドウィッチです。食事はもちろんおやつや軽食にもおすすめ。クッキングシートでしっかり包んでカットするので切り口が崩れず綺麗に仕上がります。クッキングシートを使った包み方を是非マスターしてみましょう。

材料

【材料】
2人分
食パン8枚切り…2枚
クリームチーズ…90g
砂糖…大さじ1(9g)
キウイフルーツ…1個

作り方

① 1.クリームチーズは常温に戻し、砂糖を加えてやわらかくなるまでよく混ぜます。
199-1_210313.jpeg

② 2.クッキングシートを広げて食パンをのせ、それぞれクリームチーズを塗り、1枚には縦にカットしたキウイを写真ように並べます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.食パンを合わせてキウイを挟み、サンドウィッチをぴったりと包めむようにクッキングシートの左右の端を合わせて1cm幅に折りたたみます。
199-3_210313.jpeg

④ 4. 折りたたんだ面を下にして置き、開いている部分を内側に入れ込みます。
199-4_210313.jpeg

⑤ 5. 内側に入れ込んだ辺に対して平行に包丁を入れて2等分します。
199-5_210313.jpeg

・切り口に並べるキウイは切り口に対して垂直の向きに並べます。
・クッキングシートは使う食パン3枚分の長さを用意して下さい。
・クッキングシートで包んだままカットします。

具材たっぷりで厚みのあるサンドウィッチを作るなら映える彩りを意識したいですよね。そんな時に便利なのがレンジ卵!切り口に卵の白と黄色が出るだけで野菜の色もぐっと引き立ちます。お弁当にも便利なクッキングシートを使った包み方もご紹介します。

材料

【材料】
2人分
食パン8枚切り…2枚
卵…1個
サニーレタス…1~2枚
ハム…1枚
にんじん…40g
塩…ひとつまみ
マヨネーズ…小さじ2
ケチャップ…小さじ2

作り方

① 1.耐熱皿を水でぬらして卵を割り入れ、ラップをかけ、レンジで200w2分加熱します。にんじんは千切りにして塩でもんでおきます。
199-1_210313.jpeg

② 2.クッキングシートを広げて食パンをのせ、それぞれマヨネーズを塗り、サニーレタスをのせます。1枚には卵をのせ、もう1枚に水気を絞ったにんじんとケチャップをのせます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.具材同士を合わせてサンドし、サンドウィッチをぴったりと包めむようにクッキングシートの両端と両端を合わせて1cm幅に折りたたみます。
199-3_210313.jpeg

④ 4. 折りたたんだ面を下にして置き、開いている部分を内側に入れ込みます。
199-4_210313.jpeg

⑤ 5. 内側に入れ込んだ辺に対して平行に包丁を入れて2等分します。
199-5_210313.jpeg

・卵を入れる耐熱皿は水でぬらしておくことで卵がこびりつきません。
・卵のレンジ加熱は必ずラップをかけて、ワット数は200wで行います。
・クッキングシートは使う食パン3枚分の長さを用意して下さい。お好みで具材を増やす場合は4倍にするなど長さに余裕を持たせると包みやすくなります。
・卵の黄身がカットする中央にくるよう調整すると切り口が綺麗です。

たんぱく質とカルシウムが豊富な釜揚げしらすを混ぜ込んだ焼きおにぎりです。めんつゆで味付けするので、醤油を塗る手間もなく簡単!うま味たっぷりでとても美味しく、成長期のお子様の朝食やおやつにおすすめです。

材料

【材料】
3個分
ご飯…370g
釜揚げしらす…大さじ3
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2

作り方

① 1.ご飯に釜揚げしらすを混ぜます。
199-1_210313.jpeg

② 2.めんつゆを加え混ぜます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.ご飯を3等分し、ラップで包んでおにぎりを作ります。魚焼きグリルに並べて約10分ほど焼き、こんがり焼き色がついたらできあがりです。
199-3_210313.jpeg

・焼く前にめんつゆをご飯に混ぜることで味が均一になります。焼きながら醤油を塗る手間もありません。
・調味料を混ぜたご飯は、ばらけやすいですが、ラップを使うことで綺麗に握れます。

米粉のしっとりもちもち食感が味わえる、ほぼさつま芋のパウンドケーキです。材料の約半分がさつま芋なので、食物繊維もたっぷり!砂糖は控えめでお子さまにも安心なレシピです。さつま芋の美味しさを是非味わってみて下さい。

材料

【材料】
18㎝パウンド型1台
さつま芋…300g
砂糖…30g
サラダ油…大さじ3
卵…2個
無調整豆乳(または牛乳)…80ml
米粉…70g
ベーキングパウダー…小さじ1
黒ごま…小さじ1

作り方

① 1.クッキングシートを広げてパウンド型をのせ、写真の赤線部分をハサミでカットし、型に合わせて折り目をつけて型にはめます。
199-1_210313.jpeg

② 2.さつま芋はよく洗って水でぬらし、ラップで包んでレンジで600w3分加熱後、200wで5~8分加熱します。完全にやわらかくなったらボウルに移して軽くつぶします。
199-2_210313.jpeg

③ 3.砂糖とサラダ油を加えてさらにつぶし、卵を加えて泡立て器でよく混ぜます。
199-3_210313.jpeg

④ 4. 無調整豆乳を混ぜ合わせ、米粉、ベーキングパウダーを加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜます。
199-4_210313.jpeg

⑤ 5. パウンド型に流し入れ、黒ごまをふり、180℃に予熱したオーブンで30~35分焼きます。15分焼いた時点で一度オーブンから取り出し、表面にナイフで切り込みを入れると膨らんだ時の割れ目が綺麗に焼きあがります。
199-5_210313.jpeg

・さつま芋は600wで加熱後200wにワット数を下げて加熱することで甘みが増します。やわらかくなるまで加熱時間を追加する場合は200wで加熱を1分ずつ調整して下さい。
・焼き時間の途中で表面に切り込みを入れる際は火傷に注意して下さい。切り込みを入れると仕上がりがより綺麗になりますが、入れなくても大丈夫です。

ねっとりほくほくの里芋に青のりと塩麹を和えた簡単サラダです。磯の香りと塩麹のうま味がたまりません!里芋はレンジ調理で手間いらず!皮むきもつるんと簡単なので是非お試し下さい。

材料

【材料】
4人分
里芋…450~500g
塩麹…小さじ3
青のり…適量

作り方

① 1.里芋は皮付きのままよく洗って、耐熱ボウルに入れてラップをかけ、レンジで600w4分30秒加熱します。上下を返してさらに2分加熱します。
199-1_210313.jpeg

② 2.里芋がやわらかくなったら、手でつるりと皮をむき、全ての材料をボウルに入れて和えます。大きい里芋はキッチンバサミで一口大にカットします。温かいままでも冷やしても美味しく召し上がれます。
199-2_210313.jpeg

・里芋の皮むきはレンジで加熱するとつるりと簡単にできます。冷めるとむきづらくなるので熱いうちにむきましょう。
・レンジ加熱時間は里芋がやわらかくなるまで調整して下さい。

もち粉に水を加えてこねると耳たぶのような触りごこち。子どもが遊び感覚でこねて丸められるので、お子さまと一緒にお団子作りを楽しむのもおすすめです♪香ばしく焼きあがった醤油団子に焼き海苔の磯の香りが食欲をそそります♪

材料

【材料】
5本分
もち粉…150g
水…120ml
醤油…適量
焼き海苔…1枚

作り方

① 1.ボウルにもち粉と水を入れ、手でこねてひとまとまりにします。
199-1_210313.jpeg

② 2.25等分して手のひらで転がしながら丸めます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.鍋に湯を沸かし、2を入れて茹でます。浮かんできたらすくい取り、水気をきって冷まします。
199-3_210313.jpeg

④ 4. アルミホイルを広げ、3を並べます。
199-4_210313.jpeg

⑤ 5. トースターで5分焼いたら刷毛で醤油を塗ります。粗熱が取れたら裏返して再び醤油を塗り3分焼きます。粗熱が取れてから串に刺し、カットした焼き海苔で巻きます。
199-5_210313.jpeg

・丸めた団子は、しっかり沸騰した湯で茹でます。浮き上がってきたら茹であがりです。
・焼きたてはやわらかく扱いにくいので粗熱が取れてから裏返します。串に刺す時も粗熱が取れてから作業しましょう。

魚を子どもでも食べやすいようにカレーとマヨネーズという子どもが好きな風味で味付けをしています。一緒に野菜も炒めれば野菜の栄養も摂れますよ!お好みで粉チーズをかけてもおいしくなります♪

材料

【材料】
2人分
鮭…2切れ
マヨネーズ…大さじ1杯程度
カレー粉…小さじ1杯程度
塩こしょう…少々
ブロッコリー…4分の1房

作り方

① 1.ブロッコリーをラップに包み600Wのレンジで1分30秒ほど温めます。
199-1_210313.jpeg

② 2.フライパンにマヨネーズを入れ、その上に鮭を載せて焼きます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.鮭に火が通ってきたら裏返して焼き、余分な油をペーパーで拭きます。
199-3_210313.jpeg

④ 4. ブロッコリーを加え、カレー粉と塩コショウを振ります。
199-4_210313.jpeg

⑤ 5. ブロッコリーがしんなりしたら出来上がりです。
199-5_210313.jpeg

・レンジ加熱後はラップが熱くなっているので火傷に注意して下さい。
・時短料理をするために野菜をレンジ加熱しました。
 レンジ加熱することで火の通りが悪くなることを防いでいます。
・鮭を焼くときにクッキングペーパーを使うことで、火の通りをよくします。

旬の里芋を手軽においしく食べられるレシピを考えました。ふわふわのおかずケーキ感覚で食べられるので朝食、昼食、おやつ、お夜食とシーンを選ばず食べられます。野菜が苦手なお子さまにもぴったり♪里芋がほくほくで美味しいです!

材料

【材料】
4人分
ホットケーキミックス…150g
卵…M1個
牛乳…100cc
里芋…4~5個
ブロッコリー…4分の1房
ボロニアソーセージ…3枚程度
オリーブオイル…小さじ1杯
マヨネーズ…大さじ1杯
ミックスチーズ…20g
塩コショウ…適量

作り方

① 1.食べやすい大きさに切った里芋をラップに包み600Wのレンジで3分ほど温めます。
199-1_210313.jpeg

② 2.ブロッコリーをラップに包み600Wのレンジで1分ほど温めます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.ホットケーキミックスに野菜以外の材料を加えたらよく混ぜます。
199-3_210313.jpeg

④ 4. 混ぜた3に野菜、ソーセージを加えて混ぜたら型に流し込みます。
199-4_210313.jpeg

⑤ 5. 180度のオーブンで40分程度焼いたら完成です。
199-5_210313.jpeg

・レンジ加熱後はラップが熱くなっているので火傷に注意して下さい。
・時短料理をするために野菜をレンジ加熱しました。
 レンジ加熱することで火の通りが悪くなることを防いでいます。