検索
   newポリラップ

メレンゲでふんわりやわらかいダックワーズ生地をポリ袋で絞り出して焼き上げました。キッチンパックを絞り出し袋代わりにすれば絞り口金がなくても大丈夫♪お手軽で簡単です!
ゆで栗で作る栗クリームの風味に、アーモンドをたっぷり使ったダックワーズ生地の香ばしさがよく合います。

材料

【材料】
6個分
【生地】
卵白…2個分
砂糖…大さじ2と1/2
アーモンド(ロースト)…65g
☆砂糖…大さじ3と1/2
☆薄力粉…大さじ1と1/3
粉糖…大さじ2
【栗クリーム】(作りやすい分量)
ゆで栗…正味250g
砂糖…50g
水…100ml
生クリーム50ml

作り方

① 1.【栗クリームを作ります】ゆで栗は半分に切り、実をスプーンで取り出して250g用意します。鍋に、栗、砂糖、水を入れて混ぜ、中火にかけて5分煮ます。生クリームを加え、混ぜながら弱火で3分ほど煮立たせます。
117-1_210312.jpeg

② 2.フードプロセッサーに移して、なめらかになるまで撹拌し、栗クリームのできあがりです。
117-2_210312.jpeg

③ 3.【生地を作ります】ボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーで軽く泡立てたら砂糖を3回に分けて加えます。その都度よく泡立て、角がピンと立つメレンゲを作ります。
117-3_210312.jpeg

④ 4. アーモンドはミルミキサーで粉状にしてから☆と合わせ、3に加えてゴムべらでさっくりと混ぜ合わせます。
117-4_210312.jpeg

⑤ 5. オーブンを180℃に予熱しておきます。ポリ袋に生地を入れて袋の口を縛り、底の角1カ所を絞り出しができるようにキッチンバサミで切り落とします。
117-5_210312.jpeg

⑥ 6. クッキングシートを敷いた天板に生地を円状に絞り出し、12個の円を作ります。茶こしで粉糖をふかけて、180℃に予熱したオーブンで12~15分焼きます。
117-6_210312.jpeg

⑦ 7.焼きあがったらケーキクーラなどに並べて冷まし、2の栗クリームを挟みます。
117-7_210312.jpeg

ポイント

・ゆで栗の実を取り出す際は、渋皮が入らないように注意しましょう。
・アーモンドはミルミキサーでしっかり粉状になるまで撹拌して下さい。アーモンドを使用することで香ばしく仕上がります。アーモンドパウダーでも代用可能です。
・栗クリームのレシピは作りやすい分量になっています。ダックワーズ6個分で1/4量ほど使用します。残りは煮沸消毒した瓶などに詰めて冷蔵庫で約10日保存可能です。

さつま芋をレンジ加熱して固くなったりパサついてしまった経験はありませんか?レンジでも耐熱ラップを使って水分を保ちながら低いワット数で加熱すると失敗せずに蒸しさつま芋ができますよ。蒸しさつま芋は、おやつやおかず、離乳食など色々使えて便利です。冷凍保存もできるので是非活用して下さい♪

材料

【材料】
作りやすい分量
さつま芋…100g
水…小さじ1

作り方

① 1.さつま芋は皮つきのまま水洗いし、広げた耐熱ラップにのせ、水を加えます。
112-1_210312.jpeg

② 2.加えた水がラップからこぼれないように注意しながら、さつま芋と水を耐熱ラップでしっかり包みます。レンジで200w5分加熱し、裏返してさらに200w3分加熱します。ラップをしたまま粗熱が取れるまで放置したらできあがりです。
112-2_210312.jpeg

③ 3.冷凍保存する場合は、使いやすい大きさに小分けしてラップで包み、ポリ袋などに入れて冷凍します。使う時は自然解凍して使って下さい。
112-3_210312.jpeg

ポイント

・レンジの出力は200wに設定して下さい。ワット数が高くなると固くなったりパサつく原因になります。
・加水量、加熱時間はさつま芋の重量によって異なります。たくさん作りたい場合でも100gずつ小分けにしレシピ通り作ることをおすすめします。
・レンジ加熱後は熱くなるので火傷に注意して下さい。

クランブルのサクサク感としっとりした生地、焼いたプルーンのハーモニーが絶妙に美味しいカップケーキです。プルーンは『西洋すもも』とも呼ばれ、しっかりした食感と濃厚な甘酸っぱさがあります。旬は7~10月、生食はもちろん、焼き菓子に入れて味わってみて下さい。焼くと軟らかくジューシーな甘みと程よい酸味を味わえます。

材料

【材料】
6個分
☆薄力粉…80g
☆アーモンドパウダー…10g
☆ベーキングパウダー…4g
卵…2個
砂糖…80g
バター…60g
プルーン(生)…3個
【クランブル】
アーモンドパウダー…20g
薄力粉…10g
バター…10g
砂糖…10g

作り方

① 1.クランブルのバター10gは常温に戻しておきます。ボウルにクランブルの材料を全て入れ、ゴムべらでバターをつぶしながら全体をよく混ぜたら、手でポロポロにし、ラップをして冷蔵庫に入れます。
111-1_210312.jpeg

② 2.プルーンは種を避けて縦にそぎ切りにし、横半分にカットします。
111-2_210312.jpeg

③ 3.別のボウルに卵を割りほぐし砂糖を加えて泡立て器でよく混ぜます。白っぽくなるまで混ぜたら、☆をふるい入れてさらによく混ぜます。
111-3_210312.jpeg

④ 4. 耐熱容器にバター60gを入れてラップをし、レンジで600w30秒加熱します。オーブンは180℃に予熱しておきます。
111-4_210312.jpeg

⑤ 5. 3に4の溶かしバターを加え混ぜたらアルミカップに6分目ほど生地を流し入れ、2のプルーンを軽く押しながら入れます。
111-5_210312.jpeg

⑥ 6. 1のクランブルをかけて、軽く手でおさえたら、180℃に予熱したオーブンで15~20分焼きます。焼きあがったらケーキクーラなどにのせて冷まします。
111-6_210312.jpeg

ポイント

・クランブルは手でポロポロになるように混ぜた後、冷蔵庫で冷やすことで扱いやすくなります。
・焼くと生地が膨らむので、アルミカップに流し入れる生地は6分目が目安。プルーンを加えて7分目が目安です。
・クランブルは、かけた後に軽く手でおさえましょう。生地が膨らんだ時に外れるのを防ぎます。

「五平餅」は、お餅のようにつぶしたご飯を平らな形に整えて串に刺し、味噌ダレをつけて焼き上げた中部地方の山間部発祥の郷土料理です。甘い味噌ダレは子どもから大人まで大好きな味!串に刺さず簡単に作って、おやつや軽食代わりにいかがでしょうか。

材料

【材料】
7個分
温かいご飯…490g
☆味噌…大さじ1と1/2
☆砂糖…大さじ1
☆みりん…大さじ1
☆醤油…小さじ2
☆酒…小さじ1
炒りすりごま…大さじ2

作り方

① 1.耐熱性の器に☆を入れて混ぜ、ラップをかけレンジで500w1分加熱して炒りすりごまを加えてよく混ぜます。
110-1_210312.jpeg

② 2.ボウルに温かいご飯を入れ、すりこ木などを使って、ご飯の粒がほぼなくなるまでつぶします。
110-2_210312.jpeg

③ 3.7等分してラップに包み、平らな楕円状に形を整えます。
110-3_210312.jpeg

④ 4. 魚焼きグリルに並べて焼きます。途中で裏返して両面こんがり焼き色がつくまで焼きます。
110-4_210312.jpeg

⑤ 5. 表面に1を塗り、焦げないように注意してさらに1~2分焼いたらできあがりです。
110-5_210312.jpeg

ポイント

・温かいご飯を使うことでつぶしやすくなります。すりこ木を水でぬらすとスムーズにつぶしやすいです。
・つぶしたご飯はべたつくので、成形する作業はラップを使うと簡単にできます。

水切りヨーグルトを使った爽やかなレアチーズケーキです。ヨーグルトを加えることでカルシウムもたっぷり!成長期のお子さまのおやつタイムにもおすすめです。

材料

【材料】ケーキ型(径18cm)1台分
プレーンヨーグルト…400g
クリームチーズ…150g
砂糖…60g
レモン汁…大さじ1
生クリーム…200ml
粉ゼラチン…10g
水…大さじ2
ビスケット…60g
バター…40g

作り方

① 1.ヨーグルトはクッキングペーパーを当てたざるに入れてラップをし、冷蔵庫で3時間以上おいて200gになるまで水切りします。
107-1_210312.jpeg

② 2.バターは10等分に切ってクッキング調理袋に入れて常温に戻し、ビスケットを加えて袋の外から手でもみ、よく混ぜ合わせます。ラップを敷いたケーキ型の底に敷き詰めて冷蔵庫で冷やし固めます。
107-2_210312.jpeg

③ 3.ボウルにクリームチーズを入れて常温に戻し、ゴムベラでなめらかし砂糖を3回に分けて加え混ぜたら、1とレモン汁を混ぜます。
107-3_210312.jpeg

④ 4. 氷水を当てたボウルに残りの生クリーム150mlを入れ、7分立てになるまで泡立てます。
107-4_210312.jpeg

⑤ 5. 直径が7cmほどの丸型(茶碗などでもOK)で生地を型抜きして中央をペットボトルのキャップで型抜きます。片面のみ外周と中央の円の間に爪楊枝で筋を入れます。
107-5_210312.jpeg

⑥ 6. 3に4を少しずつ加え混ぜ、続けて5を少しずつ加えてよく混ぜたら型に入れ、表面を平らにならします。ラップをして冷蔵庫で3時間以上冷やし固めます。
107-6_210312.jpeg

ポイント

・ビスケットを砕く袋は、丈夫なクッキング調理袋の使用がおすすめです。
・お好みでジャムを添えてお召し上がり下さい。ベリー類のジャムがよく合います。

袋1つで混ぜるだけ!粉類は袋を振ってまぜるので、ふるいが無くても大丈夫。洗いものが出ず、手も汚れません。袋の外からこねる作業はお子さまと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

材料

【材料】
4人分
A薄力粉…120g
Aベーキングパウダー…小さじ1
A砂糖…大さじ2
A塩…ひとつまみ
☆飲むヨーグルト…45g
☆菜種油…30g
マーマレードジャム…50g

作り方

① 1.キッチンパックにAの材料を全て入れて袋の口を閉じ、よく振り混ぜたら、☆を加えて袋の外からこねるようにして混ぜます。
102-1_210312.jpeg

② 2.生地が均一に混ざったら、マーマレードジャムを加えてさらによく混ぜます。
102-2_210312.jpeg

③ 3.厚さ2.5cmに形を整えて、袋から取り出し、包丁でお好みの大きさに切り込みを入れてクッキングシートを敷いた天板にのせます。180℃に予熱したオーブンで20分焼きます。
102-3_210312.jpeg

④ 4. 焼きあがったら粗熱をとり、切り込みに包丁を入れてカットします。
102-4_210312.jpeg

ポイント

・生地は均一に混ぜて下さい。袋の外から押すようにこねると上手く混ざります。
・粗熱を取ってからカットすると切りやすいです。

レンジを使って、パン粉で簡単に作れるおやつレシピです。ひとくちサイズに切って盛りつければ、お子さまのおやつにもピッタリ!甘さ控えめなので蜂蜜をかけていますが、蜂蜜をかける前に取り分ければ、小さなお子さまの手づかみ食べにもおすすめです。

材料

【材料】
4人分
パン粉…40g
牛乳(または無調整豆乳)…200ml
溶き卵…1個分
きび砂糖…小さじ2
蜂蜜…大さじ2
ミントの葉(お好みで飾り用)…少々

作り方

① 1.耐熱性の器にパン粉と牛乳を入れてよく混ぜ、10分放置します。
100-1_210312.jpeg

② 2.パン粉がふやけたら、溶き卵を加えよく混ぜます。
100-2_210312.jpeg

③ 3.きび砂糖を加えてさらによく混ぜます。
100-3_210312.jpeg

④ 4. ラップをしてレンジで600w3分加熱し、ラップをしたまま粗熱を取ってから冷蔵庫で1時間ほど冷やします。一口大にカットし皿に盛り、蜂蜜をかけてミントの葉を飾ります。
100-4_210312.jpeg

ポイント

・卵はあらかじめ溶いておきます。白身のかたまりがなくなるまで混ぜましょう。
・加熱後は器が熱くなっていますので、火傷に気をつけて下さい。
・温かいまま召し上がっても美味しいです。
・1歳未満のお子さまには蜂蜜を使用しないで下さい。

サクサクな食感がおいしいドーナッツレシピです。イーストを使わないので発酵いらずでとても簡単!ドーナツ型がなくても、お家にあるものを使って綺麗なドーナツを作れる方法もご紹介します♪

材料

【材料】
6個分
薄力粉…200g
ベーキングパウダー…小さじ1
バター…30g
砂糖…80g
卵…1個
揚げ油…適量

作り方

① 1.バターを常温に戻して泡立て器でなめらかになるまで混ぜます。砂糖を3回に分けて加え、白っぽくなるまで混ぜたら、卵を加えてさらによく混ぜます。
98-1_210312.jpeg

② 2.薄力粉とベーキングパウダーをふるい合わせて3回に分けて1に加え、ゴムべらで切るように混ぜます。
98-2_210312.jpeg

③ 3.生地が均一に混ざったら、手でひとまとまりにし、ラップに包んで冷蔵庫で1時間ねかせます。
98-3_210312.jpeg

④ 4. ラップの上から、麺棒を使って生地を厚さ1cmにのばします。
98-4_210312.jpeg

⑤ 5. 直径が7cmほどの丸型(茶碗などでもOK)で生地を型抜きして中央をペットボトルのキャップで型抜きます。片面のみ外周と中央の円の間に爪楊枝で筋を入れます。
98-5_210312.jpeg

⑥ 6. 170℃の揚げ油に、筋を入れた面を下にして生地を入れ、きつね色になったら裏返します。全体がきつね色になったら、キッチンペーパーに取って余分な油をきります。
98-6_210312.jpeg

ポイント

・ラップに包んで冷蔵庫でねかすことで生地が扱いやすくなります。
・ラップの上から麺棒でのばすとべたつかず、作業しやすいです。
・揚げたてはやわらかく、冷めると表面がカリッとサクサクになります。

どこか懐かしい、ふわふわ生地に砂糖をまぶしたツイストドーナツ。ホームベーカリーで生地を作るので簡単!子どもから大人まで、おやつの時間に笑顔がこぼれます♪

材料

【材料】
10個分
☆強力粉…200g
☆塩…小さじ1/2
☆砂糖…大さじ3
☆水…130ml
☆バター…15g
ドライイースト…5g
揚げ油…適量
砂糖…大さじ3

作り方

① 1.ホームベーカリーのケースに☆をセットします。ドライイーストをイースト専用ケースに入れて生地コースで生地を作ります。
93-1_210312.jpeg

② 2.生地を10等分に丸め、ラップの上に並べます。ラップをかけて、10分おきます。(ベンチタイム)
93-2_210312.jpeg

③ 3.2の生地をつぶして空気を抜き、手で転がして、25cm長さの細い棒状にします。
93-3_210312.jpeg

④ 4. 棒状にした生地を半分に折り、折り目の部分からツイスト状にします。クッキングシートの上に並べて40℃で20分発酵させます。(二次発酵)
93-4_210312.jpeg

⑤ 5. 180℃の揚げ油にクッキングシートにのせたまま入れ、クッキングシートを取り出します。下面がきつね色になったら裏がして全体がきつね色になるまで揚げます。
93-5_210312.jpeg

⑥ 6. ケーキクーラなどに並べて粗熱をとります。キッチンパックに砂糖とドーナツを入れて、ドーナツの表面に砂糖をまぶします。
93-6_210312.jpeg

ポイント

・クッキングシートごと揚げ油に入れると形が崩れず綺麗に仕上がります。

生まれて1年、初めての誕生日にはケーキを用意してお祝いしたいですね。安心して食べさせられる1歳のBirthdayケーキレシピをご紹介します。デコレーションには水切りしたヨーグルトを使用します。また、スポンジ生地には卵黄を使わず低脂肪な卵白のみを使用して脂肪分を抑えました。フルーツは旬のフレッシュなもので代用して下さい。大人にも一緒に食べてもらいたい優しい甘さのケーキです。

材料

【材料】
直径15 cm型1個
【スポンジ生地】
卵白…2個分
きび砂糖…30g
水…小さじ1
薄力粉…40g
【デコレーション】
プレーンヨーグルト…300g
いちご…1/2パック

作り方

① 1.ざるにキッチンペーパーを当ててヨーグルトを入れ、しっかりラップをします。冷蔵庫で3時間以上おき、水切りヨーグルトを作ります。
85-1_210312.jpeg

② 2.【スポンジ生地を作ります】オーブンは170℃に予熱しておきます。卵白をハンドミキサーである程度泡立て、きび砂糖を2回に分けて加え、その都度よく混ぜます。
85-2_210312.jpeg

③ 3.角がピンと立つまでしっかり泡立てたら、水を加え混ぜます。
85-3_210312.jpeg

④ 4.薄力粉を一気にふるい入れて泡立て器で手早く混ぜ、クッキングシートを敷いた型に流し入れたら、170℃に予熱したオーブンで25~30分焼きます。焼きあがったら20cm位の高さから落として空気を抜き、型ごと冷まします。
85-4_210312.jpeg

⑤ 5. 【デコレーションをします】冷ましたスポンジを半月型になるよう半分に切ります。表面に1の水切りヨーグルトを塗り、片方にスライスしたいちごを並べます。
85-5_210312.jpeg

⑥ 6. いちごを挟むようにしてスポンジを重ね、水切りヨーグルトを塗ります。残った水切りヨーグルトといちごで飾りつけをしてできあがりです。
85-6_210312.jpeg

ポイント

・あらかじめクッキングシートを型に合わせて切り、型に敷いておきましょう。
・水切りヨーグルトには砂糖を入れません。砂糖を入れるとヨーグルトが水っぽくなってしまいます。
・卵白はしっかり泡立てて、角がピンと立つメレンゲにして下さい。卵黄が入らない分、膨らみが弱いので、卵白をしっかり泡立てるのが、綺麗なスポンジを焼き上げるポイントです。
・きび砂糖はミネラルを含むので白い上白糖よりもおすすめです。また、今回のレシピでは上白糖よりもきび砂糖の方がスポンジの色づきが美味しそうに仕上がります。

食物繊維やミネラルが豊富なオートミールを使ったタルト生地はオーツ麦の香りが香ばしく、カスタードクリームとの相性も抜群です。バターは使わず菜種油でサクサクに仕上げました。
赤くて甘酸っぱい苺をふんだんにのせれば見た目も可愛い苺タルトのできあがりです♪季節のフルーツでアレンジするのもいいですね。

材料

【材料】
直径20cmタルト型1個
【カスタードクリーム】
卵黄…2個分
砂糖…40g
薄力粉…20g
無調整豆乳…200ml
【タルト生地】
薄力粉…100g
オートミール…50g
はちみつ…大さじ2
菜種油…大さじ4
水…大さじ3
【トッピング】
いちご…約10粒
粉寒天…0.5g
水…大さじ4
ミント(あれば飾り用)…適量

作り方

① 1.【カスタードクリームを作ります】卵黄と砂糖を泡立て器でよく混ぜてから薄力粉を加え混ぜ、さらに無調整豆乳を加えてよく混ぜます。鍋に移し、木べらで混ぜながらとろみがつくまで弱めの中火で加熱します。
81-1_210312.jpeg

② 2.器に入れ、ラップをして冷蔵庫で冷やしておきます。
81-2_210312.jpeg

③ 3.【タルト生地を作ります】オートミールをミルミキサーで粉状になるまで撹拌し、ボウルにタルト生地の材料を全て入れ、両手ですり混ぜます。
81-3_210312.jpeg

④ 4.ひとまとまりにし、ラップで包み冷蔵庫で30分以上ねかせます。
81-4_210312.jpeg

⑤ 5. 生地をラップで挟んで麺棒でのばします。クッキングシートを敷いたタルト型に押しつけるように広げ、はみ出した生地は麺棒を転がしてカットします。底の部分に爪楊枝で数カ所穴をあけ、180℃に予熱したオーブンで20分焼きます。焼きあがったら、型から外して冷まします。
81-5_210312.jpeg

⑥ 6. 【トッピングをします】冷ましたタルトにカスタードクリームを敷き、スライスした苺を並べます。鍋に水を入れ、粉寒天を加え混ぜたら火にかけます。ひと煮立ちさせて火を止め、粗熱を取り、刷毛で苺の表面に塗ります。お好みでミントなどを飾ると綺麗です。
81-6_210312.jpeg

ポイント

・タルト生地はこねすぎずない方が焼き上がりがサクッと仕上がります。ラップに包んで寝かせることで扱いやすくなります。
・麺棒でのばす作業は、生地をラップで挟むと伸ばしやすいです。
・寒天は常温で固まるので粗熱が取れたら固まる前に手早く刷毛で塗りましょう。

ホームベーカリーのもちコース機能を利用して、本格的な苺大福が作れます!つきたて餅はやわらかいので扱いやすく、あんこを包むのも簡単。できあがった苺大福は1つ1つラップで包んでおくと、時間が経ってもやわらかさを保てます。甘酸っぱい苺と甘いこしあん、やわらかなお餅の組み合わせが最高です♪

材料

8個分
いちご…8粒
こしあん…200g
もち米…180g
水…120g
☆砂糖…25g
☆水…25g
片栗粉…適量

作り方

① 1. もち米は水洗いして30分ざるにあげておきます。ホームベーカリーのパンケースにもち用の羽根をセットして、もち米と水120gを入れ、もちコースをスタートします。
73-1_210312.jpeg

② 2. ☆は合わせて、砂糖を溶かしておきます。1のこね時間の最後10分に、☆を少しずつ加えます。
73-2_210312.jpeg

③ 3. こしあんを8等分してヘタを切った苺を1粒ずつのせ、苺の先端が少し出るように包んで形を整えます。
73-3_210312.jpeg

④ 4. 片栗粉を広げたバットにできあがった餅を取り出します。8等分して平らにのばしたら、乾燥しないようにラップをかけておきます。
73-4_210312.jpeg

⑤ 5. 4で3を包み、閉じ口が下になるようにして1つずつラップで包みます。
73-5_210312.jpeg

ポイント

・こしあんから苺の先端を少し出しておくとお餅から苺の色がうっすら透けて見えて綺麗です。
・ラップを使ってお餅の乾燥を防ぎましょう。乾燥を防ぐことでで美味しさがキープされます。
・こしあんはお好みで粒あんに代えても美味しいです。

ゼラチンで固めるかぼちゃプリンです。かぼちゃは皮ごとミキサーにかけて、裏ごす作業は不要です。βカロテン、ビタミンC・E、カルシウム、食物繊維が摂れるのでお子様のおやつにもピッタリのレシピです。

卵不使用☆かぼちゃプリンのレシピ

5人分
かぼちゃ…200g
ゼラチン…5g
水…大さじ1
牛乳…200ml
☆牛乳…100ml
☆きび砂糖…30g
ホイップクリーム…適量
【カラメルソース】
砂糖…大さじ2
水…小さじ2
湯…大さじ1

① 1. 水にゼラチンをふり入れて、ゼラチンをふやかします。
48-1_210312.jpeg

② 2. かぼちゃは一口大に切って、耐熱皿に入れ、ラップをしてレンジで600W3分~4分、軟らかくなるまで加熱します。
48-2_210312.jpeg

③ 3. ミキサーにかぼちゃと牛乳200mlを入れてなめらかになるまで撹拌します。
48-3_210312.jpeg

④ 4. 鍋に☆を入れて弱火にかけ、砂糖が溶けたら1を加えて混ぜながらゼラチンを溶かします。
48-4_210312.jpeg

⑤ 5. 4を3に加えて、再びミキサーで撹拌します。
48-5_210312.jpeg

⑥ 6. プリンカップに流し入れ、ラップをして冷蔵庫で2時間以上冷やし固めます。
48-6_210312.jpeg

⑦ 7. カラメルソースを作ります。耐熱容器に砂糖を入れ、水を注ぎ、混ぜずにレンジで500w4分加熱します。カラメル色になったら鍋つかみを使って取り出し、湯を加えて混ぜます。6にホイップクリームとカラメルソースをトッピングします。
48-7_210312.jpeg

・レンジ加熱時間はかぼちゃが軟らかくなるまで調整して下さい。
・鍋に入れた牛乳は沸騰させないように弱火で混ぜながら加熱しましょう。
・かぼちゃの皮には、実の2倍以上のβカロテンが含まれます。栄養豊富なので、無駄なく使用するのがおすすめです。
・カラメルソースを作る際はラップなしで加熱して下さい。

(さらに…)

早生みかんの果汁を加えたベイクドチーズケーキです。濃厚なチーズと爽やかな柑橘の香りが絶品です。ビスケットの土台作りにはクッキング調理袋を使うので手が汚れず、洗いものも少なくて済みます。

早生みかんで☆生搾りベイクドチーズケーキのレシピ

ケーキ型(径18cm)1台分
クリームチーズ…200g
砂糖…90g
卵…2個
生クリーム…200ml
薄力粉…大さじ3
早生みかんの果汁…大さじ1
ビスケット…100g
バター…30g

① 1. クッキング調理袋にビスケットを入れて手で粗く砕いたら、麺棒などを使ってさらに細かく砕きます。
43-1_210312.jpeg

② 2. 耐熱性の器にバターを入れてラップをし、レンジで200w1分半加熱します。
43-2_210312.jpeg

③ 3. 1に2を加え、袋の外からよく混ぜ合わせます。
43-3_210312.jpeg

④ 4. クッキングシートを敷いたケーキ型に3を敷き詰めます。
43-4_210312.jpeg

⑤ 5. クリームチーズを常温に戻し、ハンドミキサーでなめらかになるまで混ぜます。
43-5_210312.jpeg

⑥ 6. 砂糖を加え混ぜたら卵を加えてさらに混ぜます。
43-6_210312.jpeg

⑦ 7. 生クリームを加えて、もったりするまで混ぜます。
43-7_210312.jpeg

⑧ 8. 早生みかんの果汁を搾ります。
43-8_210312.jpeg

➈ 9. 7に薄力粉をふるい入れて粉っぽさがなくなるまで混ぜたら8を大さじ1加え混ぜます。
43-9_210312.jpeg

⑩ 10. オーブンを170℃に予熱します。9を4に流し入れて、型を台より2~3cmほど高い位置から2~3度軽く落として空気を抜き、天板にのせます。170℃のオーブンで45~50分焼きます。
43-10_210312.jpeg

⑪ 11. 焼きあがったら、あら熱を取ります。型から外してクッキングシートを外します。
43-11_210312.jpeg

・早生みかんはレモン、柚子、かぼす、ライムなどお好みの柑橘類でも代用できます。

オートミールはミネラルや食物繊維、たんぱく質を含み離乳食にもおすすめの食材です。かぼちゃとレーズンの自然の甘みで、おやつにも食事にもなるパンケーキ。食べやすい大きさにカットして、食べきらない分は冷凍できます。

オートミールとかぼちゃのパンケーキのレシピ

4人分
オートミール…70g
かぼちゃ…50g
牛乳…150ml
塩…ひとつまみ
☆薄力粉…50g
☆ベーキングパウダー…4g
レーズン…20g
サラダ油…少々

① 1. オートミールはミルミキサーで粉状に撹拌します。
42-1_210312.jpeg

② 2. かぼちゃは皮ごとラップで包み、レンジで600w3分加熱し軟らかくします。
42-2_210312.jpeg

③ 3. 2を刻み、ボウルに入れて泡立て器でさらにつぶしながら、牛乳を加えます。
42-3_210312.jpeg

④ 4. 粉状にしたオートミール、塩を加えてさらによく混ぜます。
42-4_210312.jpeg

⑤ 5. ☆をふるい入れて粉っぽさがなくなるまで混ぜます。
42-5_210312.jpeg

⑥ 6. レーズンを刻んで、加え混ぜます。
42-6_210312.jpeg

⑦ 7. フライパンにサラダ油を薄く塗って火にかけ、生地を流し入れます。蓋をして中火で加熱し、焼き色がついたら裏返します。再び蓋をして弱火で焼き色がついたらできあがりです。食べやすい大きさにカットします。
42-7_210312.jpeg

・レーズンはオイル無添加のものを使用しましょう。刻んで加えることで生地全体に混ざり、食べたときに甘みを感じやすくなります。
・牛乳は、粉ミルクに代えても良いです。
・食べきらない分は、ラップに包んで冷凍すれば10日ほど保存できます。食べるときはラップをしたままレンジで600w10~30秒、大きさに合わせて加熱時間を調整して下さい。

(さらに…)

ほんのり南瓜の味がして体にも優しいたまごボーロレシピ。南瓜の皮も気になりません。小さなお子様の手づかみ食べおやつにもおすすめです。

パンプキンたまごボーロのレシピ

約40個分
かぼちゃ…55g
きび砂糖…40g
卵黄…1個分
無調整豆乳…大さじ1
☆片栗粉…80g
☆ベーキングパウダー…4g

① 1. かぼちゃを皮ごとラップで包み、レンジで600w2分加熱し軟らかくします。
40-1_210312.jpeg

② 2. ボウルにきび砂糖、卵黄、無調整豆乳を入れて泡立て器でよくすり混ぜます。
40-2_210312.jpeg

③ 3. 1のかぼちゃを加えて、泡立て器でかぼちゃをつぶしながらよく混ぜます。
40-3_210312.jpeg

④ 4. ☆を合わせておき、半量ずつ加えてその都度よく混ぜます。
40-4_210312.jpeg

⑤ 5. 押すと形が残る固さになるまで混ぜます。ゆるいようならさらに分量外の片栗粉を加えます。
40-5_210312.jpeg

⑥ 6. ゴムべらを使って生地をまとめ、ラップで包んで冷蔵庫で30分以上ねかします。
40-6_210312.jpeg

⑦ 7. スプーンを使って生地をすくい取り、手のひらで転がしながら丸め、クッキングシートを敷いた天板に間隔を空けて並べます。
40-7_210312.jpeg

⑧ 8. 170℃に予熱したオーブンで10~15分焼きます。焼きあがったら、冷ましてできあがりです。
40-8_210312.jpeg

・かぼちゃの加熱時間は軟らかくなるまで調整して下さい。
・かぼちゃの水分量などにより生地の固さが変わるので、ゆるいようなら分量外の片栗粉を足して下さい。
・生地は30分以上冷蔵庫でねかしましょう。丸めやすくなります。
・焼くと膨らむので、天板には間隔を空けて並べて下さい。

(さらに…)

クッキング調理袋を使うことで、卵液に漬けたバケットを裏返す手間がありません。100%オレンジジュースで作るフレンチトーストなら果汁の甘みがあるので砂糖なしで美味しく召し上がれます。朝食やお子様のおやつにおすすめです。

調理袋で簡単☆オレンジフレンチトーストのレシピ

2人分
卵…1個
100%オレンジジュース…150ml
バケット…6cm
バター…5g
はちみつ…大さじ2

① 1. バケットを、1.5cm厚さ4枚に切ります。
38-1_210312.jpeg

② 2. 3cmほど深さのある器にクッキング調理袋を入れ、袋の底が平らになるように広げます。袋の中に卵を割り入れ、オレンジジュースを加え混ぜ、卵をしっかり溶きます。
38-2_210312.jpeg

③ 3. バケットを重ならないように加え入れ、袋の口を閉じます。バケットに卵液が浸みるまで10分ほどおきます。
38-3_210312.jpeg

④ 4. フライパンにバターを熱し、バケットを並べます。蓋をして中火で焼きます。
38-4_210312.jpeg

⑤ 5. 焼き色がついたら裏返して両面をこんがりと焼きます。焼きあがったら皿に盛り、はちみつをかけてできあがりです。
38-5_210312.jpeg

・調理袋にはバケットを重ならないように入れて下さい。

(さらに…)

クッキング調理袋を使って簡単にできるアイスクリームレシピです。袋の外からもむ作業はお子様も一緒に楽しめますよ。
乳製品・砂糖不使用。発酵食品でノンアルコールの麹甘酒を使用しているので体にも優しく、お子様にも安心なアイスクリームです。

桃と甘酒の豆乳アイスクリームのレシピ

3~4人分
桃…大1個
麹甘酒(濃縮タイプ)…300g
無調整豆乳…300ml

① 1. 桃は皮をむき、種を除いて一口大に切ります。
35-1_210312.jpeg

② 2. ボウルの上にクッキング調理袋を広げ、全ての材料を入れます。
35-2_210312.jpeg

③ 3. クッキング調理袋の口を縛り、ボウルの中で袋を転がしながら中身を均一に混ぜます。
35-3_210312.jpeg

④ 4. 冷凍庫に3時間ほど入れて凍らせたら、冷凍庫から取り出して袋の外からよくもみます。再び3時間冷凍します。この作業を合計3回繰り返します。
35-4_210312.jpeg

⑤ 5. ディッシャーなどですくって器に盛りつけます。
35-5_210312.jpeg

・麹甘酒は濃縮タイプを使用して下さい。
・3の作業は中身が均一に混ざるまでしっかり行って下さい。
・3時間冷凍し、もむ作業を3回繰り返すことで口あたりの良いアイスになります。

(さらに…)

きな粉の風味が素朴で美味しい型抜きクッキーです。
きな粉にはたんぱく質、カルシウム、食物繊維などが含まれるのでお子様のおやつにもおすすめ。卵・バター不使用でサラダ油を使っています。

卵・乳製品不使用☆きなこビスケットのレシピ

約30個分
☆薄力粉…120g
☆きな粉…30g
☆塩…ひとつまみ
☆ベーキングパウダー…小さじ1/2
サラダ油…30g
砂糖…30g
水…50ml

① 1. ボウルにサラダ油と砂糖を入れて泡立て器でしっかりすり混ぜます。
33-1_210312.jpeg

② 2. 水を少しずつ加え混ぜます。
33-2_210312.jpeg

③ 3. ☆をふるい合わせ、2に加え、ゴムべらで切るように混ぜます。
33-3_210312.jpeg

④ 4. 粉っぽさがなくなったら手でこねて、ひとまとまりにします。
33-4_210312.jpeg

⑤ 5. 生地をラップで包み、冷蔵庫で30分ねかします。
33-5_210312.jpeg

⑥ 6. オーブンを180℃に予熱します。薄力粉(分量外)をふったまな板に、生地のせて麺棒で2~3mm厚さにのばします。
33-6_210312.jpeg

⑦ 7. 型で抜き、クッキングシートを敷いた天板に並べます。180℃に予熱したオーブンで10~15分焼きます。
33-7_210312.jpeg

⑧ 8. 焼きあがったらケーキクーラーに並べてあら熱をとります。
33-8_210312.jpeg

・きな粉入りなので焼き色が付きやすいです。焼き時間は調整して下さい。

(さらに…)

皮の器が可愛い(皮いい)レンジとうもろこしです♡ とうもろこしは皮ごとレンジ加熱すると甘く仕上がります。

皮いいレンジとうもろこしのレシピ

4人分
とうもろこし(皮付き)…1本
塩…少々

① 1. とうもろこしは皮付きのままさっと水をかけてラップに包み、レンジで600w4分加熱します。あら熱が取れるまでラップに包んだままおいておきます。
31-1_210312.jpeg

② 2. ラップを外し、皮をむきます。器になるように3枚ほど重ねたままむきましょう。
31-2_210312.jpeg

③ 3. とうもろこしを縦横4等分ほどの大きさに切り、皮を上下に重ねた器に盛りつけ、塩をふります。
31-3_210312.jpeg

・皮を器にするので、皮が綺麗な新鮮なとうもろこしがおすすめです。
・水をかけてからラップをすることで、粒がふっくらと仕上がります。
・皮は、3枚ほど重なったままむくと形が崩れずに、綺麗な形の器になります。

(さらに…)