検索
   newポリラップ

茄子の皮に切り込みを入れて茶筅に見立てた華やかな一品です。皮の紫色を艶色に仕上げるポイントは油を塗ってラップでピタッと包みレンジ加熱すること。レンジなら調理も簡単!耐熱ラップを使用するので高温加熱も安心です。

材料

【材料】
1人分
なす…1本
サラダ油…小さじ1/2
ツナ缶…1/4缶
ポン酢…大さじ2
いりごま…少々

作り方

① 1.茄子はヘタに包丁をあて、ぐるっと1周切り込みを入れ、がくを取り除きます。下を2cmほど残して5mm〜1cm幅で縦に切り込みを入れ、1%塩分の塩水(分量外)に10分浸します。
99-1_210312.jpeg

② 2.キッチンペーパーまたは布巾で茄子の水気をしっかり拭き取ります。耐熱ラップを広げた上で茄子の表面全体に刷毛でサラダ油を塗ります。
99-2_210312.jpeg

③ 3.茄子を耐熱ラップでピタッと包んでレンジで600w1分半加熱し、粗熱が取れたら茄子を下の部分を皿に軽く押しつけながらねじるようにして盛りつけます。
99-3_210312.jpeg

④ 4. ツナ缶とポン酢を合わせて3に回しかけ、冷蔵庫で冷やします。いりごまをふって召し上がって下さい。
99-4_210312.jpeg

ポイント

・茄子は塩水に浸すことでえぐ味がなくなります。
・サラダ油を塗ることで茄子の色落ちを防ぐことができます。
・レンジ加熱後は食材が熱くなるので火傷に注意して下さい。
・冷やすとよく味が馴染みますが、温かいままでも美味しいです。

味噌ポテトは埼玉県秩父市発祥の郷土料理。今ではB級グルメとしても人気です。各地の郷土料理を知ることは子どもの食育にもつながります。食べ応えのある衣とホクホクじゃがいもが甘い味噌ダレと相性抜群!お子様のおやつにはもちろん、ご飯のおかずやおつまみにもなる一品。身近な食材で作れるので是非味わってみて下さい。

材料

【材料】
4~5人分
じゃが芋…500g
☆薄力粉…80g
☆水…100ml
揚げ油…適量
【味噌ダレ】
味噌…大さじ4
砂糖…大さじ3
みりん…大さじ1
だし汁…大さじ2

作り方

① 1.耐熱性の器に皮付きのじゃが芋を入れてラップをします。レンジで600w4分加熱し、そのまま3分おきます。じゃがいもを裏返して再びラップをして600w1分加熱し、粗熱がとれたら皮をむいて一口大に切ります。
95-1_210312.jpeg

② 2.ボウルに☆を入れてよく混ぜ、じゃが芋を絡めます。
95-2_210312.jpeg

③ 3.180℃の揚げ油に2を入れ、表面がきつね色になるまで揚げます。
95-3_210312.jpeg

④ 4. 【味噌ダレを作ります】耐熱性の器に味噌ダレの材料を入れてよく混ぜます。ラップをしてレンジで600w1分加熱したら、再びよく混ぜます。再びラップをしてレンジで600w30秒加熱します。揚げたじゃが芋に味噌ダレをつけて召し上がって下さい。
95-4_210312.jpeg

ポイント

・レンジ加熱後は器が熱くなっているので火傷に注意しましょう。
・じゃが芋に☆を絡める際は、しっかりと衣がつくように表面全体に絡ませて下さい。

お手軽な食材でできるカラフルなかぼちゃサラダです。レンジ調理なのでとっても簡単♪食卓の彩りを華やかにしてくれる一品です。

材料

【材料】
4人分
かぼちゃ…200g
じゃが芋…1個
きゅうり…1/2本
玉ねぎ…20g
塩…ひとつまみ
かに風味かまぼこ…4本
マヨネーズ…大さじ2

作り方

① 1.かぼちゃは皮付きのまま、ラップをしてレンジで600w2~3分加熱します。じゃが芋も同様に加熱します。
94-1_210312.jpeg

② 2.かぼちゃとじゃが芋がやわらかくなったら、じゃが芋は皮をむき、それぞれ1cm角に切ります。
94-2_210312.jpeg

③ 3.きゅうりと玉ねぎを薄切りにして塩をふり、しんなりしたら水気を絞ります。
94-3_210312.jpeg

④ 4. ボウルに2と3を合わせ、4等分に切ったかにかまぼこを裂きながら加えてマヨネーズで和えます。
94-4_210312.jpeg

ポイント

・レンジ加熱時間は、かぼちゃとじゃが芋がやわらかくなるまで調整して下さい。
・レンジ加熱後は食材が熱くなるので火傷に注意して下さい。

水でぬらした野菜をラップで包んでレンジ加熱するとみずみずしい温野菜ができます。野菜の甘みや旨味が凝縮し、栄養成分も逃しません。レンジで作る半熟卵をのせれば、ボリュームのある温野菜サラダになります。

材料

【材料】
4人分
卵…1個
水…大さじ2
スナップエンドウ…150g
人参…150g
☆塩…小さじ1
☆エクストラバージンオリーブオイル…大さじ1
パルメジャーノレッジャーノ…10g
ミックスペッパー…少々

作り方

① 1.スナップエンドウは筋取りをします。(ヘタが付いていない方の先端を折り、ヘタに向かって筋を引っ張ります。続けてヘタの先を折り、もう片方の筋を引っ張ります。)
92-1_210312.jpeg

② 2.1を水洗いして水気が少し残った状態のままラップで包みます。レンジで600w2分加熱し、ラップをしたままおいておきます。
92-2_210312.jpeg

③ 3.人参は皮をむきスナップエンドウと同じサイズのスティック状に切ります。水洗いして水気が少し残った状態のままラップで包み、レンジで600w2分加熱したらラップをしたままおいておきます。
92-3_210312.jpeg

④ 4. 耐熱性の器に水大さじ2を入れ、卵を割り入れます。ラップをふんわりかけレンジで600w40秒加熱します。続けて500w10秒加熱して、ラップをしたまま余熱で卵黄が半熟になるまで放置します。
92-4_210312.jpeg

⑤ 5. ボウルに2と3、☆を入れて混ぜ、皿に盛ります。半熟卵をのせ、パルメジャーノレッジャーノ、ミックスペッパーを散らしてできあがりです。
92-5_210312.jpeg

ポイント

・水気が残った状態のままレンジ加熱し、ラップをしたままおいておくことでシワを防ぎ、ふっくら仕上がります。
・レンジ加熱後は食材が熱くなるので火傷に注意して下さい。

白菜の甘みと塩昆布の旨味、マヨネーズのコクが美味しい和え物です。簡単にできるので、多めに作り置きしておくと便利です。

材料

【材料】
4人分
白菜…500g
塩…小さじ1/4
塩昆布…15g
マヨネーズ…大さじ1と1/2

作り方

① 1.白菜は、葉先をざく切りにし、茎の部分は細切りにして、塩をふって15分以上おき、水気をしっかり絞ります。
90-1_210312.jpeg

② 2.キッチンパックに水気を絞った白菜と塩昆布を入れ、袋の空気をできるだけ抜いて口を閉じ、袋の外からよく揉みます。
90-2_210312.jpeg

③ 3.10分おいたら、ボウルに移してマヨネーズで和えます。
90-3_210312.jpeg

ポイント

・白菜は水分が多いので、塩をふった後はしっかり水気を絞って下さい。
・2の工程では袋の中の空気をできるだけ抜きましょう。袋の口を縛る前に、両手で押すとうまく空気を抜くことができます。

こしあんにサイコロ状のさつまいもを混ぜ込んだ蒸しようかんです。さつまいもの風味と甘みが際立ち、とっても美味しいですよ。簡単にできて色合いも綺麗なので、おもてなしの甘味としてもおすすめです。

材料

【材料】
8人分
さつまいも…正味200g
こしあん…200g
薄力粉…大さじ1
片栗粉…小さじ1
砂糖…20g
☆熱湯…大さじ2
☆水…20ml

作り方

① 1.さつまいもは皮付きのままラップで包み、レンジで600w2分加熱します。(完全にやわらかくならなくてOK)
87-1_210312.jpeg

② 2.さつまいもの皮を除いて1cm角に切ります。
87-2_210312.jpeg

③ 3.ボウルにこしあん、薄力粉、片栗粉、砂糖を入れてよく混ぜます。☆を計量カップに合わせて、加え混ぜます。
87-3_210312.jpeg

④ 4. 流し缶に3を入れ、さつまいもを並べます。蒸気のあがった蒸し器で40分蒸します。
87-4_210312.jpeg

⑤ 5. 粗熱を取り、ラップをして冷蔵庫で30分以上冷やし、しっかり固まったら8等分に切ります。
87-5_210312.jpeg

ポイント

・さつまいもをラップに包み、レンジで加熱してから使うことで、さつまいもの変色を防ぎます。
・40分蒸すことでさつまいもの甘みが引き出されるので、砂糖控えめでも美味しく仕上がります。

サクサク衣をしっかりまとった、甘くてジューシーな新玉ねぎフライは、子どもから大人まで笑顔になれる美味しさです。サクサク衣のコツは、衣が剥がれないように最初の粉付けをしっかりすること。キッチンパックを使うと粉付けが簡単にしっかりできますよ。旬の時季にしか味わえない新玉ねぎでぜひ作ってみて下さい♪

材料

【材料】
4人分
新玉ねぎ…2~3個
薄力粉…大さじ4~
溶き卵…1個分
水…小さじ2
パン粉…1/2カップ~
揚げ油…適量
【オーロラソース】
マヨネーズ…大さじ1と1/2
トマトケチャップ…大さじ3

作り方

① 1.新玉ねぎは皮をむいて横向きにおき、1cm間隔に爪楊枝をしっかり奥まで刺します。爪楊枝と爪楊枝の間に包丁を入れて1cm厚さの輪切りにします。
86-1_210312.jpeg

② 2.キッチンパックに薄力粉と1の玉ねぎを入れて、袋の口をしっかり握り、上下に振って粉をまんべんなくまぶします。
86-2_210312.jpeg

③ 3.溶き卵に水を加え混ぜ、粉をまぶした玉ねぎにしっかり絡めます。
86-3_210312.jpeg

④ 4. パン粉をまぶし、手でしっかりおさえてパン粉を付けます。
86-4_210312.jpeg

⑤ 5. 180℃の揚げ油で表面がきつね色になるまで揚げます。オーロラソースの材料を混ぜ合わせて、食べる時につけて召し上がって下さい。
86-5_210312.jpeg

ポイント

・切る前に爪楊枝を刺すことで、玉ねぎがバラバラになりません。
・2の工程では袋を上下に振って、粉をまんべんなくしっかりまぶして下さい。
・玉ねぎは加熱することで甘みが増します。甘みを引き出すために衣の表面がきつね色になるまで揚げましょう。

クッキング調理袋を使うと、重しも容器も不要で簡単に早く美味しい漬物が作れます。
ビタミンCが豊富な柚子の皮と大根を風味豊かな塩麹と蜂蜜で漬けました。ほどよい甘さとカリカリ食感が駐まらない美味しさです。

材料

4人分
大根…正味500g
塩…10g(大根の2%重量)
柚子の皮…1/2個分
☆柚子の果汁…大さじ1
☆はちみつ…大さじ2
☆塩麹…大さじ1

作り方

① 1. 大根は皮をむいて、3cm長さ5mm幅の拍子切りにします。クッキング調理袋に入れて塩を加え、袋の口を閉じてよくも揉み、15分漬けます。漬けている間に、柚子の果汁を搾り、柚子の皮を幅広にむき、内側の白い部分を包丁で削ぎ落としてから千切りにします。☆は混ぜ合わせておきます。
72-1_210312.jpeg

② 2. 袋の外から大根をギュッと絞って大根から出た水分を捨て、柚子の皮と☆を加え、袋の外からよく揉みます。できるだけ空気を抜いて袋の口を縛り、常温で1時間おいたらできあがりです。冷蔵庫で1週間保存可能です。
72-2_210312.jpeg

ポイント

・最初の塩漬けの塩は、皮をむいた大根(正味重量)の2%重量が適量です。
・柚子の香りは皮の部分に多く含まれています。白い部分は苦みがあるので削ぎ落として使います。
・漬ける時は、袋の中の空気をできるだけ抜きましょう。重しいらずで早く漬かります。袋の口を縛る前に、両手で押すとうまく空気を抜くことができます。

ゼラチンで固めるかぼちゃプリンです。かぼちゃは皮ごとミキサーにかけて、裏ごす作業は不要です。βカロテン、ビタミンC・E、カルシウム、食物繊維が摂れるのでお子様のおやつにもピッタリのレシピです。

卵不使用☆かぼちゃプリンのレシピ

5人分
かぼちゃ…200g
ゼラチン…5g
水…大さじ1
牛乳…200ml
☆牛乳…100ml
☆きび砂糖…30g
ホイップクリーム…適量
【カラメルソース】
砂糖…大さじ2
水…小さじ2
湯…大さじ1

① 1. 水にゼラチンをふり入れて、ゼラチンをふやかします。
48-1_210312.jpeg

② 2. かぼちゃは一口大に切って、耐熱皿に入れ、ラップをしてレンジで600W3分~4分、軟らかくなるまで加熱します。
48-2_210312.jpeg

③ 3. ミキサーにかぼちゃと牛乳200mlを入れてなめらかになるまで撹拌します。
48-3_210312.jpeg

④ 4. 鍋に☆を入れて弱火にかけ、砂糖が溶けたら1を加えて混ぜながらゼラチンを溶かします。
48-4_210312.jpeg

⑤ 5. 4を3に加えて、再びミキサーで撹拌します。
48-5_210312.jpeg

⑥ 6. プリンカップに流し入れ、ラップをして冷蔵庫で2時間以上冷やし固めます。
48-6_210312.jpeg

⑦ 7. カラメルソースを作ります。耐熱容器に砂糖を入れ、水を注ぎ、混ぜずにレンジで500w4分加熱します。カラメル色になったら鍋つかみを使って取り出し、湯を加えて混ぜます。6にホイップクリームとカラメルソースをトッピングします。
48-7_210312.jpeg

・レンジ加熱時間はかぼちゃが軟らかくなるまで調整して下さい。
・鍋に入れた牛乳は沸騰させないように弱火で混ぜながら加熱しましょう。
・かぼちゃの皮には、実の2倍以上のβカロテンが含まれます。栄養豊富なので、無駄なく使用するのがおすすめです。
・カラメルソースを作る際はラップなしで加熱して下さい。

(さらに…)

レンジで簡単にできる蒸し鶏を使ったボリュームのあるサラダです。蒸し鶏は、ラップ効果でしっとりやわらかく、ほどよく味が染みてとっても美味しく仕上がります!お好みの野菜と組み合わせて色んなサラダにアレンジするのも楽しいですよ♪

レンジ蒸し鶏のボリュームサラダのレシピ

2人分
鶏胸肉…1枚
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1
酒…大さじ2
ミニトマト…10粒
ミックスサラダ…適量
素焼きアーモンド…10粒
☆エクストラバージンオリーブオイル…大さじ2
☆リンゴ酢…大さじ1
☆塩…小さじ2/3
☆砂糖…ふたつまみ

① 1. 鶏肉を耐熱皿にのせ、フォークで数カ所穴を開けます。
47-1_210312.jpeg

② 2. めんつゆ、酒をかけ、ラップをしてレンジで600w3分加熱します。
47-2_210312.jpeg

③ 3. レンジから取り出して、鶏肉を裏返します。再びラップをして600w2分加熱します。レンジから取り出して、ラップをしたまま30分以上おき、あら熱を取ります。
47-3_210312.jpeg

④ 4. ミックス野菜をよく洗い、水気をしっかりきります。
47-4_210312.jpeg

⑤ 5. ミニトマトは半分に切ります。
47-5_210312.jpeg

⑥ 6. 3の鶏肉をそぎ切りにし、鶏肉を加熱した皿に残った調味料と☆を合わせてドレッシングを作ります。皿にミックス野菜と鶏肉を盛り、ミニトマトを添え、半分に切った素焼きアーモンドを散らして、ドレッシングをかけます。
47-6_210312.jpeg

・レンジ加熱後は器が熱くなるので火傷に注意して下さい。
・レンジ加熱後、ラップをしたまま30分以上おくことで鶏肉に味がしみます。

(さらに…)

脂質の消化機能が未発達の赤ちゃんには、パン粉をフライパンで炒って揚げないコロッケを作ってあげましょう。小さく成形して手づかみ食べにもピッタリ!かぼちゃと鶏肉が入っているのでビタミン、たんぱく質も摂れますよ。

揚げない南瓜チキンコロッケのレシピ

3~5人分
じゃが芋…大1個(正味140g)
かぼちゃ…50g
鶏むね肉(皮なし)…30g
塩…ふたつまみ
パン粉…15g

① 1. かぼちゃを皮ごとラップで包み、レンジで600w2分加熱し軟らかくします。
44-1_210312.jpeg

② 2. じゃが芋を皮ごとラップで包み、レンジで600w3分加熱し軟らかくします。
44-2_210312.jpeg

③ 3. 鶏むね肉をラップで包み、耐熱性の器に入れて、レンジで600w1分加熱します。
44-3_210312.jpeg

④ 4. かぼちゃとじゃが芋の皮をむき、ボウルに入れて熱いうちにつぶします。3を極みじん切りにして加え混ぜます。
44-4_210312.jpeg

⑤ 5. 塩を加え混ぜ、10等分にして丸めます。
44-5_210312.jpeg

⑥ 6. フライパンにパン粉を入れ、中火にかけ、木べらで混ぜながらきつね色になるまで加熱します。
44-6_210312.jpeg

⑦ 7. 6をバットに移し、5を転がすようにしてパン粉をまぶしたらできあがりです。
44-7_210312.jpeg

・パン粉は3分ほどで一気にきつね色になってくるので、焦がさないように注意して下さい。
・時間が経って衣がしっとりしたら、トースターで温めなおすと出来たてのサクサク感がもどります。温めなおしは焦げないように注意しましょう。

(さらに…)

クッキング調理袋を使うと、手を汚さずに、衣付けができます。洗い物も少なく済むのでとっても便利です。

新じゃがの皮ごとフライドポテトのレシピ

4人分
新じゃが芋…小さいもの16個
薄力粉…大さじ2
揚げ油…適量
塩…適量

① 1. 新じゃが芋は皮をしっかりと洗って水気を拭き取り、クッキング調理袋に入れ、薄力粉を加えます。
37-1_210312.jpeg

② 2. 袋の口を手で閉じ、袋をふってじゃが芋に薄力粉をまんべんなくまぶします。
37-2_210312.jpeg

③ 3. 170℃の揚げ油で中まで火が通るまで揚げたら、180℃に温度を上げ、表面をこんがりと揚げ、皿に盛りつけて熱いうちに塩をふります。
37-3_210312.jpeg

・新じゃが芋を使用して下さい。古くなったじゃが芋で皮が緑のものは皮ごと使えません。
・芽がある場合は芽を取り除いて下さい。
・薄力粉をまぶすことでカリッと揚がります。

(さらに…)

パリパリ食感と程よい酸味が美味しいごぼうの漬物です。調理袋を使えば、少量の調味液でもしっかり漬かります。
乳歯の生えそろった3歳以上のお子様から大人まで、噛み噛みレシピとしておすすめ。

調理袋で☆噛み噛みレシピ☆ごぼうの漬物のレシピ

4人分
新ごぼう(または細めのごぼう)…正味250g
☆めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2と1/3
☆醤油…大さじ1と1/3
☆酢…大さじ2
☆塩…小さじ1/3
☆砂糖…大さじ4

① 1. ごぼうはよく洗って包丁の背で皮をむきます。長さ2~3cm、縦2~4等分に切り、酢水(分量外)に10分さらします。
36-1_210312.jpeg

② 2. 鍋に☆を入れて火にかけ、煮立ったら火を止め、調味料をしっかり溶かします。
36-2_210312.jpeg

③ 3. 別の鍋に湯を沸かし、水気をきったごぼうを入れて1分半ほど茹でたら、ざるにあげます。
36-3_210312.jpeg

④ 4. 2と3のあら熱が取れたら、クッキング調理袋に入れ、空気を抜くようにしてしっかり口と閉じます。冷蔵庫で一晩以上漬けたらできあがりです。
36-4_210312.jpeg

・ごぼうは、土臭さを取り除くために、よく洗ってきれいに皮をむいて下さい。

(さらに…)

レンジで簡単にできる離乳食後期のレシピです。とろとろに加熱した茄子は食べやすいので離乳食にピッタリ♪さらに片栗粉のとろみをプラスすることで、パサつきが気になるささみも食べやすくなります。

とろとろ茄子のそぼろ味噌煮のレシピ

1人分
なす…30g
鶏ささみ…20g
昆布だし…大さじ1
片栗粉…小さじ1/4
味噌…小さじ1/5

① 1. 茄子は皮をむき、5mm角に切って10分ほど水にさらします。
34-1_210312.jpeg

② 2. 鶏ささみは包丁で叩き、みじん切りにします。
34-2_210312.jpeg

③ 3. 2を耐熱性の器に入れ、昆布だしを加えます。ラップをしてレンジで600w40秒加熱します。加熱が終わったらスプーンで鶏ささみをほぐします。
34-3_210312.jpeg

④ 4. 茄子の水気をきり、耐熱性の器に入れます。ラップをして600w1分加熱します。
34-4_210312.jpeg

⑤ 5. 4に3と片栗粉、味噌を加えてよく混ぜます。ラップをしてレンジで600w50秒加熱し、加熱後すぐによく混ぜます。
34-5_210312.jpeg

⑥ 6. 再びラップをし、あら熱が取れるまでおきます。
34-6_210312.jpeg

・昆布だしはあらかじめ作っておきましょう。(作り方は水500mlに昆布5gを10分以上浸します。火にかけて沸騰する前に昆布を取り出して、煮立たせたらできあがりです。使いきれない分は小分けして冷凍できます。)
・茄子は切った後、水にさらしてアクをぬきます。
・レンジ加熱後は器が熱くなるので火傷に注意して下さい。
・量はお子様の離乳の進み具合に合わせて調整して下さい。できあがりを軽くすりつぶすと中期のお子様でも召し上がれます。

(さらに…)

レンジで簡単にできる離乳食後期のレシピ♪完了期にも応用ができます。
野菜の水分に片栗粉でとろみをつけ、鶏ささみのパサつきを解消します。
玉ねぎの甘みとトマトの旨味、酸味を活かし、素材の美味しさを伝えましょう。

トマトとささみのスパゲッティのレシピ

1人分
スパゲッティ…15g
トマト…1/4個
玉ねぎ…30g
鶏ささみ…20g
塩…ひとつまみ
片栗粉…小さじ1/4

① 1. 鍋に湯を沸かし、スパゲッティを規定の茹で時間より2分長く茹でてざるにあげます。あら熱が取れたら1~2cm長さに切ります。
32-1_210312.jpeg

② 2. トマトは皮に十文字の切り込みを入れて耐熱性の器に入れ、トマトが浸る量の水(分量外)を注いでラップをしてレンジで600w30秒加熱します。加熱後すぐ冷水にさらし、皮をむきます。
32-2_210312.jpeg

③ 3. 玉ねぎはみじん切りにして耐熱性の器に入れ、ラップをして600w50秒加熱します。
32-3_210312.jpeg

④ 4. 玉ねぎを加熱している間にトマトをみじん切りにします。玉ねぎの加熱が終わったらすぐにトマトを混ぜます。
32-4_210312.jpeg

⑤ 5. 鶏ささみは包丁で叩き、みじん切りにします。
32-5_210312.jpeg

⑥ 6. 5を耐熱性の器に入れ、4の汁気を小さじ1加えます。ラップをしてレンジで600w40秒加熱します。加熱が終わったらスプーンで鶏ささみをほぐします。
32-6_210312.jpeg

⑦ 7. 4に6と塩を混ぜ、さらに片栗粉を加えてよく混ぜます。ラップをしてレンジで600w40秒加熱し、加熱後すぐによく混ぜます。
32-7_210312.jpeg

⑧ 8. スパゲッティに7をよく絡めたらできあがりです。
32-8_210312.jpeg

・レンジ加熱後は器が熱くなるので火傷に注意して下さい。
・スパゲッティの量や長さはお子様の離乳の進み具合に合わせて調整して下さい。
・完了期ならトマトケチャップを少量プラスしてもよいです。

(さらに…)

ルッコラはごまの風味がするハーブ野菜です。クレープ生地に入れると、色がとても綺麗に仕上がります。爽やかなヨーグルト風味のホイップといっしょに可愛くロールに巻きましょう。甘さ控えめなので子どものおやつにもおすすめのレシピです♪

6枚分
ルッコラ…25g
牛乳…130g
☆薄力粉…55g
☆砂糖…15g
☆卵…1個
☆牛乳…卵と合わせて90gになる量
バター…12g
生クリーム…100ml
砂糖…10g
★プレーンヨーグルト…40g
★レモン果汁…小さじ1

① 1. ルッコラは1cm長さに切り、牛乳130gとミキサーに入れて、なめらかに撹拌します。
19-1_210312.jpeg

② 2. ボウルに☆を入れて泡立て器で混ぜます。
19-2_210312.jpeg

③ 3. 2に1を3回に分けて加え、泡立てないようにすり混ぜます。
19-3_210312.jpeg

④ 4. 3の生地をざるで漉し、ラップをして冷蔵庫で30分ねかせます。
19-4_210312.jpeg

⑤ 5. フライパンにバターを薄く塗り、火にかけ、生地を1/6量ずつ薄くのばして焼きます。端まで固まってきたら裏返して両面を焼き、広げたラップに取り出します。
19-5_210312.jpeg

⑥ 6. 氷水を当てたボウルに生クリームと砂糖を入れ、泡立て器で角がピンと立つまで混ぜ、8分立てのクリームを作ります。さらに★を加えてよく混ぜます。
19-6_210312.jpeg

⑦ 7. ラップを広げて5をのせ、クリームを塗ります。ラップを使って巻いていきます。
19-7_210312.jpeg

⑧ 8. 巻き終わったら、全体をラップで包みます。冷蔵庫で30分冷やし、食べやすい大きさにカットします。
19-8_210312.jpeg

・生クリームはしっかり8分立てにしてから、ヨーグルトとレモン果汁を加え混ぜます。
・クリームは生地の端を少し残して塗るとクリームが飛び出さずに巻きやすいです。

(さらに…)

長葱の青い部分を捨てずに使うエコなレシピです。青い部分は香りがあり、色も鮮やか♪そんな持ち味を活かした美味しい一品です。

30~40個分
【餃子の皮】
強力粉…180g
薄力粉…120g
熱湯…170ml
打ち粉(強力粉)…適量
片栗粉…適量
【具】
豚挽肉…300g
キャベツ…1/3個
にら…2束
長葱…2本
☆おろし生姜・おろしにんにく…各小さじ1
☆オイスターソース・ごま油…小さじ2
☆塩・醤油…各小さじ1
☆片栗粉…大さじ1/2
サラダ油…小さじ1~
水…適量
ごま油…小さじ2~

① 1. ボウルに◎を入れ、麺棒またはすりこぎで軽く混ぜながら、熱湯を回し入れて、生地がぽろぽろになり粉と湯がなじんだら、手でひとまとまりにします。
17-1_210312.jpeg

② 2. 打ち粉をしたまな板に取り出し、手のひらの付け根で向こう側に押して伸ばしたら、手前にたたむようにして生地を丸めます。これを6回繰り返します。
17-2_210312.jpeg

③ 3. 熱がこもらないように、生地をちぎって並べ、2分放置します。
17-3_210312.jpeg

④ 4. 生地をひとまとまりにして、2の作業を6回繰り返したら、生地をラップでしっかり包み、30分以上室温でねかせます。
17-4_210312.jpeg

⑤ 5. 生地をねかしている間に具を作ります。キャベツは熱湯とさっと茹でてから、みじん切りにし、水気を絞ります。
17-5_210312.jpeg

⑥ 6. にらは5mm長さ、長葱は縦4等分にしてから薄切りにして、ボウルに入れ、豚挽き肉、キャベツ、☆を合わせてよく混ぜます。ラップをして冷蔵庫で30分おきます。
17-6_210312.jpeg

⑦ 7. 4の生地をまな板に取り出し、2の作業を6回繰り返して生地をこね、ラップをして再び30分以上室温でねかせます。
17-7_210312.jpeg

⑧ 8. ねかした生地を直径約2.5cmの棒状にし12~15gに切り分けます。切り口を上にし、片栗粉をまぶして麺棒で直径10cmの円にします。片栗粉をふって重ね、ラップをして乾燥を防ぎます。
17-8_210312.jpeg

⑨ 9. 具を皮にのせ、指でひだを作って包み、軽く片栗粉をまぶします。
17-9_210312.jpeg

⑩ 10. フライパンにサラダ油小さじ1を熱し、弱火にして餃子を並べます。強火にして、餃子の1/2弱の高さまで水を注ぎます。
17-10_210312.jpeg

⑪ 11. 蓋をして、強火で水分が飛ぶまで蒸し焼きにします。
17-11_210312.jpeg

⑫ 12. 水分が完全に飛んだら蓋を開け、ごま油大さじ1/2を回し入れ、餃子に焼き色がつきカリカリになるまで強火で焼きます。
17-12_210312.jpeg

・皮作りは、熱湯を使うことで焼き餃子がパリッとした仕上がりになります。
・のばした皮はくっつきやすいので片栗粉をしっかりまぶしましょう。

(さらに…)

モッツァレラチーズの代わりに水切り豆腐を使ったカプレーゼ風です。

4人分
トマト…2個
木綿豆腐…1丁
エクストラバージンオリーブオイル…大さじ2
塩…小さじ1/4
粗挽き黒胡椒…少々

① 1. 木綿豆腐は、横半分、厚さ8mmに切り、キッチンペーパーに包んで容器に入れて、ラップをして冷蔵庫で30分ほど冷やします。
10-1_210312.jpeg

② 2. トマトは、厚さ8mmに切り、エクストラバージンオリーブをかけて、30分ほど冷蔵庫で冷やします。
10-2_210312.jpeg

③ 3. 1と2を合わせて、塩をふり、皿に盛りつけて粗挽き黒こしょうをふります。
10-3_210312.jpeg

・切った豆腐をキッチンペーパーに包んでおくと余分な水分が抜け、豆腐の旨味が凝縮して濃厚な仕上がりになります。

(さらに…)

カリカリたくあんと赤紫蘇の香りが美味しい、きれい色の海苔巻きです。

4人分
ご飯…1合分(320g)
ゆかりふりかけ…4g
たくあん…40g
焼き海苔…1枚

① 1. ご飯の1/2量(160g)にゆかりふりかけを混ぜます。
4-1_210312.JPG

② 2. たくあんを2mm角に切り、残りのご飯(160g)に混ぜます。
4-2_210312.JPG

③ 3. 巻き簀にラップを敷いて、半分に切った焼き海苔をのせ、1のご飯の1/2量を広げるようにしてのせます。
4-3_210312.JPG

④ 4. 3を裏返します。
4-4_210312.JPG

⑤ 5. 2の1/2量を広げるようにしてのせます。
4-5_210312.JPG

⑥ 6. ラップと巻き簀を使って、手前から奥に巻いていき、巻き終わったらラップでしっかり包み、なじませます。※もう1本同様に作ります。
4-6_210312.JPG

⑦ 7. 1本を8等分に切り分けます。
4-7_210312.JPG

・巻き簀とラップを使ってしっかり巻くときれいに仕上がります。

(さらに…)

ねっとりほくほくの里芋にコクのあるくるみ味噌のタレをかけます。オメガ3たっぷりのくるみと発酵食品の赤味噌がからだに優しい一品です。

4人分
里芋…450g
無添加くるみ…25g
砂糖…大さじ1/2
赤味噌…大さじ1/2
醤油…大さじ1

① 1. 里芋は皮付きのままよく洗って、ラップでしっかり包み、耐熱皿にのせ、レンジで600w4分30秒加熱します。
3-1_210312.JPG

② 2. 裏返してさらに2分加熱します。
3-2_210312.JPG

③ 3. あら熱が取れたら、ラップを外し、手でつるりと皮をむいて一口大に切ります。
3-3_210312.JPG

④ 4. 胡桃をフライパンで炒り、すり鉢でよくすりつぶし、砂糖を加え、よく混ぜます。
3-4_210312.JPG

⑤ 5. 4に赤味噌を加えてさらによく混ぜます。
3-5_210312.JPG

⑥ 6. 5に醤油を少しずつ加えてくるみ味噌だれを作り、3にかけて頂きます。
3-6_210312.JPG

・里芋の皮はレンジで加熱するとつるりと簡単にできます。

(さらに…)