検索
   ポリラップ

ゆで卵は、お弁当の彩りや隙間埋めにとっても便利!フラワー型に仕上げれば、その可愛さに子どもも大喜び!コツさえつかめば簡単にできちゃいます。サラダのトッピングにもおすすめです♪

材料

【材料】
1人分
卵…1個
※竹串5本・ラップ・輪ゴム2個が必要です。

作り方

① 1.鍋に湯を沸かし卵を入れて途中で卵を転がしながら7~10分茹でます。
199-1_210313.jpeg

② 2.さっと水にさらして熱いうちに殻をむき、ラップで巻きます。もう一枚ラップを広げ、竹串を約1.5cm間隔で並べます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.竹串が卵に当たるようにラップを巻いていき、竹串の間隔を均等に調整します。卵の両端3㎝のところを輪ゴムで留め冷蔵庫で5分冷やします。一般的な輪ゴムなら4巻きがちょうど良い強度です。
199-3_210313.jpeg

④ 4.冷えたらラップを外してカットします。
199-4_210313.jpeg

ポイント

・黄身が中央になるよう、茹でている途中で何度か卵をゆっくりと転がしましょう。
・綺麗な花型に仕上げるために竹串が等間隔になるよう調節してください。
・卵の両端3㎝のところを輪ゴムで4巻きするとバランスが良いです。

りんごをレンジで加熱してからバターでソテーするので時短でやわらか!りんご本来の甘みが凝縮して、砂糖不使用でもじゅうぶんに甘い仕上がりです。熱々でも冷やしてもおいしく、ヨーグルトやアイスクリームを添えるのもおすすめです。

材料

【材料】
2~4人分
りんご…1個
バター…10g
シナモン(お好みで)…少々

作り方

① 1.りんごは皮をむいてくし切りにし、耐熱ボウルに入れてラップをしてレンジで600w3分加熱します。
199-1_210313.jpeg

② 2.フライパンにバターを入れて1のりんごを並べ中火で加熱します。1で出た水分は後で使用するので取っておきます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.バターが溶けきったら裏返して、レンジ加熱でりんごから出た水分を回し入れます。
199-3_210313.jpeg

④ 4.水分がなくなり、焼き色がついたら裏返して両面焼いたらできあがりです。食べるときにお好みでシナモンをふります。
199-4_210313.jpeg

ポイント

・レンジ加熱後は火傷に注意してください。

ふんわりロールパンのサンドウイッチはお弁当にも大人気。ラップで包めばふんわりキープ!お気に入りのマスキングテープで止めれば、見た目も可愛く、巻き終わりも分かって食べやすいです♪

材料

【材料】
2人分
ロールパン…4個
マヨネーズ…大さじ4
レタス類…適量
ハム…6枚

作り方

① 1.ロールパンにパン切り包丁で切り込みを入れ、切り口の表面全体にマヨネーズを塗ります。
199-1_210313.jpeg

② 2.レタス類をちぎって挟み、半分にカットしたハムを3切ずらして重ねて挟みます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.ラップで包み、包み終わりをマスキングテープで留めます。
199-3_210313.jpeg

ポイント

・マヨネーズは切り口全体に塗ります。塗ることで具材の水分や脂分がパンに染み込むのを防ぐことができます。
・マスキングテープで留めると透明ラップの包み終わりが分かるのでラップを開くのが楽です。

出回る時期が短い金柑は甘く煮ておくと日持ちして、食べたいときに食べられます。シロップは炭酸で割ったりお茶に加えて飲むとおいしいですよ。きんかんを生で皮ごと食べるのが苦手でもシロップ煮なら食べやすく、栄養を丸ごといただけます。

材料

【材料】
作りやすい分量
金柑 500g
水450ml
砂糖 300g(金柑の60%)
醤油 小さじ1/2

作り方

① 1.金柑はヘタを取り、よく洗ってから爪楊枝で皮の表面に数か所穴をあけます。
199-1_210313.jpeg

② 2.鍋に金柑を入れ、かぶるくらいの水(分量外)を注いで火にかけます。沸騰後5分煮て、ざるにあげます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.鍋に湯切りした金柑と水、砂糖を入れて火にかけます。
199-3_210313.jpeg

④ 4.煮立ったら、クッキングシートを鍋の直径に合わせて切り、中央に十文字に切り込みを入れて落し蓋にし、鍋の蓋をして20分煮込みます。醤油を加えてさらに5分煮て、冷めたら、沸消毒した瓶に詰めます。冷蔵庫で1カ月保存可能です。
199-4_210313.jpeg

ポイント

・無漂白クッキングシートなら落し蓋として安心して使用できます。使う鍋の大きさに合わせてカットできるのでとても便利です。
・保存に使用する瓶は10分以上煮沸してから使用しましょう。
・密閉できる袋に入れて冷凍することもできます。冷凍の場合の保存期間は3カ月。自然解凍してお召し上がりください。

ビタミンと鉄分が豊富な副菜レシピです。
茹でるよりもレンジでの加熱の方が、栄養が残りやすいのでレンジ調理がおすすめです。
酢を控えめにして子どもも食べやすいレシピにしています。

材料

【材料】
4人分
にんじん………1本
レーズン………大さじ2
☆オリーブ油…大さじ1
☆酢……………大さじ1/2
☆砂糖…………大さじ1/2
☆塩……………ひとつまみ

作り方

① 1.にんじんは千切りにして、耐熱皿に入れ、ラップをして600w3分加熱します。
199-1_210313.jpeg

② 2.熱いうちにレーズンと☆の調味料を加えます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.冷めたら味見をして、塩で味を調えたら完成。

ポイント

・千切りが苦手な方は、スライサーをうまく活用しましょう。
・にんじんが熱いうちにレーズンと和えることで柔らかくなります。

ポリ袋に全て入れて漬け込むだけで簡単に作れるレシピになっています。
バットやボウルがいらないので洗い物も少なく子どもにも大好評!
下ごしらえして冷凍ストック用にするのもおすすめです。

材料

【材料】
2人分
鶏もも肉………300g
☆カレー粉……小さじ1
☆ケチャップ…大さじ2
☆ヨーグルト…大さじ2(プレーンタイプ)
☆にんにく……小さじ1(チューブ)
☆しょうが……小さじ1(チューブ)
☆塩……………ふたつまみ
オリーブ油……大さじ2

作り方

① 1.ポリ袋に☆の調味料と一口大に切った鶏もも肉を入れて揉み込みます。
199-1_210313.jpeg

② 2.フライパンにオリーブ油をひき、中火できつね色になるまでじっくり焼きます。ひっくり返して蓋をして、中火で火が通るまで蒸し焼きにします。
199-2_210313.jpeg

③ 3.火が通ったら、余分な油をキッチンペーパーでふき取り完成。
199-3_210313.jpeg

ポイント

・プレーンヨーグルトがない場合はみそ小さじ1で代用可能です。
・時間に余裕がある場合は、30分ほど漬け込むと鶏肉の食感は柔らかく、味も染みて美味しいです。

子どもから大人まで大好評の鶏肉のチーズパン粉焼きです。
ポリ袋1枚で下ごしらえができるので洗い物も少なくフライパン1つで作れるのでおすすめです!

材料

【材料】
2人分
鶏もも肉………300g
☆粉チーズ……小さじ1
☆マヨネーズ…大さじ2
☆にんにく……小さじ1(チューブ)
パン粉…………大さじ3~4
オリーブ油……大さじ2

作り方

① 1.ポリ袋に☆の調味料と一口大に切った鶏もも肉を入れて揉み込みます。焼く寸前でパン粉をまぶします。
199-1_210313.jpeg

② 2.フライパンにオリーブ油をひき、中火できつね色になるまでじっくり焼きます。ひっくり返して蓋をして中火で火が通るまで蒸し焼きにします。
199-2_210313.jpeg
199-2_210313.jpeg
199-2_210313.jpeg

③ 3.表面をカリっとさせるために強火で両面1分ずつ焼きます。お好みで上にパセリをかけて完成。
199-3_210313.jpeg

ポイント

・パン粉を焼く寸前にまぶすことで、サクサクとした食感になります。
・オリーブ油がない場合はサラダ油に変更しても作れます。

定番のポテトサラダをレンジで作れるようにアレンジしました。
コンロが空いていないときでも、レンジとポリラップがあれば作れます。

材料

【材料】
4人分
じゃが芋……大3個
にんじん……1/2本
きゅうり………1本
コーン缶………大さじ2
☆マヨネーズ…大さじ2
☆酢……………少々

作り方

① 1.じゃが芋は良く洗い、皮をむきます。小さめに切り表面のでんぷんを洗い流します。耐熱皿に入れ、ラップをしたら600w5分加熱し、柔らかくなったら熱いうちに潰しましょう。
199-1_210313.jpeg

② 2.にんじんは薄めのいちょう切りにし、耐熱皿に入れてラップをしたら、600w2分加熱します。
199-2_210313.jpeg

③ 3.きゅうりは水でよく洗い、ヘタを取って薄めの半月切りにします。分量外の塩をふたつまみ振りかけて塩もみをします。
199-3_210313.jpeg

④ 4.ボウルに全ての食材と☆の調味料を入れ和えたら完成
199-4_210313.jpeg

ポイント

・お好みでハムやゆで卵を付け足してください。
・マヨネーズはじゃが芋が冷めてから和えると、ダレにくいです。
・じゃが芋は冷めると潰しにくいので、アツアツのうちに潰しましょう。

保育園でも大人気の副菜ですが、先生たちからも大好評!
レンジで簡単に作れるのであと一品欲しい時におすすめです。

材料

【材料】
4人分
キャベツ……1/4玉
にんじん……1/2本
ちくわ………4本
☆醤油………大さじ2
☆酢…………大さじ1
☆砂糖………小さじ1
☆サラダ油…大さじ2

作り方

① 1.キャベツは3㎝長さの細切りに切ります。耐熱皿に入れて、ラップかけ600w3分加熱します。
199-1_210313.jpeg

② 2.にんじんは3㎝長さの短冊切りにします。耐熱皿に入れて、ラップをかけて600w2分加熱します。
199-2_210313.jpeg

③ 3.ちくわは半分に切り、5㎜幅の半月切りにします。

④ 4.全ての材料をボウルに入れて☆の調味料と混ぜ合わせたら完成。
199-3_210313.jpeg

ポイント

・酢の酸っぱさが苦手な方は、りんご酢に変更するとマイルドになります。
・冬キャベツの場合は追加で1分加熱しましょう。

子ども向けに甘めの味付けになっています。
お弁当のおかずにもピッタリです!

材料

【材料】
4人分
小松菜………1袋
にんじん……1本
☆醤油………大さじ2
☆砂糖………大さじ1
☆すりごま…大さじ1~2

作り方

① 1.小松菜は水でしっかり洗います。
鍋にお湯を沸かし、塩を一つまみ入れて沸騰したら根本から1分ほど茹でていきます。
最後に葉を加え、再沸騰したらザルにあげて冷ましておきます。
冷めたら軽く絞りましょう。
199-1_210313.jpeg

② 2.にんじんは3㎝長さの短冊切りにします。耐熱皿に入れて、ふんわりラップをし、600w3分加熱します。
199-2_210313.jpeg

③ 3.ボウルに小松菜とにんじん、☆の調味料を加え和えたら完成。
199-3_210313.jpeg

ポイント

・小松菜は絞りすぎると小松菜の繊維感が出てしまうので、絞りすぎないようにしましょう。

お弁当のおかずにもピッタリな一品!
フライパン要らずで簡単に作れます。
お好みでコーンやベーコンを入れるとより美味しくなります。

材料

【材料】
4人分
キャベツ……1/4玉
☆カレー粉…小さじ1/2
☆コンソメ…小さじ1/2
☆ケチャップ小さじ1
☆バター……小さじ1
☆オリーブ油小さじ1

作り方

① 1.キャベツは3㎝長さの細切りに切ります。耐熱皿に入れて、ラップかけ600w3分加熱します。
199-1_210313.jpeg

② 2.しんなりしてきたら、☆の調味料を加えラップをして600w1分加熱します。最後、しっかり混ぜ合わせたら完成
199-2_210313.jpeg
199-2_210313.jpeg
199-2_210313.jpeg

ポイント

・キャベツがある程度柔らかくなってから調味料を加えたほうが、味はなじみやすいです。
・冬キャベツの場合は、追加で1分加熱したほうが良いです。

子どもに好まれるマヨネーズとチーズの味付けになっています。
たんぱく質とビタミンを多く含む副菜です。

材料

【材料】
4人分
ブロッコリー…1房
ベーコン………50g
卵………………1個
☆マヨネーズ…大さじ3
☆粉チーズ……小さじ1

作り方

① 1.卵はアルミホイルで包み、耐熱皿に入れ卵がかぶるくらいの水を加えたらラップをかけます。
600w12分ほど加熱し、加熱が終わったら水にさらし冷えたら殻を剥きボウルに入れます。
199-1_210313.jpeg

② 2.ブロッコリーは一口大、ベーコンは1㎝幅に切ります。
ブロッコリーは耐熱皿に入れふんわりラップをかけたら600w3分ほど加熱し、火が通ったらボウルに移します。
ベーコンも耐熱皿に入れふんわりラップをかけて、600w3分加熱します。
火が通ったらブロッコリーが入っている中に一緒に入れておきます。
199-2_210313.jpeg
199-3_210313.jpeg

③ 3.マヨネーズと粉チーズを加え、卵をつぶしながら和えあたら完成
199-3_210313.jpeg
199-3_210313.jpeg

ポイント

・ブロッコリーをレンジで加熱することで、水っぽくならず、栄養残存率も高いのでおすすめです。
・卵の殻は流水で流しながら作業をすると、むきやすいです。

保育園でも大人気の主菜レシピ!おうちにマーマレードジャムが残っている方にはぜひ作ってみてください。
焼かずに下ごしらえだけして冷凍しておくと時短になります。

材料

【材料】
2人分
鶏もも肉…………………300g
☆マーマレードジャム…大さじ1
☆醤油……………………大さじ2
☆しょうが、にんにく…各小さじ1(チューブ)
サラダ油…………………小さじ1

作り方

① 1.ポリ袋に☆と鶏もも肉を入れ、よく揉み込みます。時間があるときは30分ほど漬け込みます。
199-1_210313.jpeg

② 2.フライパンにサラダ油をひき、皮面から中火で色がつくまで焼いていきます
199-2_210313.jpeg

③ 3.ひっくり返し、弱中火で蓋をして7分ほど蒸し焼きにしていきます。
199-3_210313.jpeg

④ 4.火が通ったら余分な油をキッチンペーパーでふき取りお皿に盛り付けて完成。

ポイント

・漬け込む時間がない時は、よく揉み込みましょう。

保育園で大人気!じゃことピーマンの2つで簡単に作れます。
ごはんに乗せて食べても美味しいですよ♪

材料

【材料】
2人分
ピーマン…5個
じゃこ……30g
醤油………大さじ1
かつお節…小さじ1
ごま油……大さじ2

作り方

① 1.ピーマンは繊維に逆らって細切りに切ります。
耐熱皿にピーマンと大さじ1のごま油を加え、ラップをかけて600w3分加熱します。
199-1_210313.jpeg

② 2.耐熱皿にじゃことごま油を加え、ラップをかけて600w3分加熱します。
199-2_210313.jpeg

③ 3.1の中にじゃこを加え醤油、鰹節を加え、和えたら完成
199-3_210313.jpeg

ポイント

・ピーマンがしんなりしやすくなるように、繊維に逆らって切ります。
・ピーマンの苦味が気になる場合は、ひとつまみのお砂糖を加えてください。

韓国料理で大人気のヤンニョムチキンを簡単に自宅で作れるレシピで再現しました。油で揚げないのでとってもヘルシー&洗い物も楽ちんです。
コチュジャンの量を調節すればお子さまでも食べられます。
味がしっかりとしているのでお弁当のおかずにもおすすめです!

材料

【材料】
2人分
鶏もも肉…1枚
片栗粉…適量
ごま油…大さじ1杯
コチュジャン…大さじ1~2杯
醤油…大さじ1杯
砂糖…大さじ1杯
しょうが…少量
にんにく…少量

作り方

① 1.鶏肉を食べやすい大きさに切って片栗粉をまぶします。
199-1_210313.jpeg

② 2.フライパンにごま油を入れ、鶏肉を入れていきます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.焼けてきたら途中でお肉を裏返します。
199-3_210313.jpeg

④ 4.ホイルで蓋をして、中までしっかりと火を通します。
199-4_210313.jpeg

⑤ 5.お肉に火が通ったら、フライパンに調味料を加えます。
199-4_210313.jpeg

⑥ 6.お肉と調味料をしっかりと和えたら完成です。
199-4_210313.jpeg

ポイント

・しょうがとにんにくはチューブを使うと簡単です。
・ミックスチーズと牛乳を溶かしたチーズソースを作ってディップするのもおいしいです。

しらすが入ってカルシウムがたくさん取れるレンコンもちです!
熱いうちに食べるのが一番美味しいですが、冷めても美味しいのでお弁当の一品にいかがでしょうか?

材料

【材料】
レンコン 大1個または小2個
卵 1個
しらす 25g
青のり 小さじ1
片栗粉 大さじ1
塩 小さじ1/2

作り方

① 1.レンコンは皮をむいて、酢水に5分ほど浸けて変色しないようにしてから、すりおろして軽く水気を絞ります。
199-1_210313.jpeg

② 2.材料を入れよく混ぜます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.フライパンにアルミホイルを敷いて、スプーンを使って、形を整えながら入れます。
199-3_210313.jpeg

④ 4. 両面に焼き色がつくまで、中火より少し小さめの火で焼きます。
199-4_210313.jpeg

オートミールが入ったヘルシーなチキンナゲットです。

材料

【材料】
オートミール50g
卵 1個
鶏ひき肉400g
顆粒コンソメ 小さじ1
塩こしょう 少々
マヨネーズ 大さじ1
にんにくすりおろし 1個分

作り方

① 1.オートミールに水を入れてふやかした後、ポリ袋に材料を入れ、よく混ぜます。
199-1_210313.jpeg

② 2.口の部分を縛り、底の部分を三角に切ります。
199-2_210313.jpeg

③ 3.熱した油の中にスプーンで形を整えながら入れていきます。
199-3_210313.jpeg

④ 4. 両面が軽く色づいたら、一旦引き上げて残りのタネを揚げます。
199-4_210313.jpeg

⑤ 5. 再度、油に戻し両面がきつね色になるまで揚げます。
199-4_210313.jpeg

ポイント

スプーンを油にくぐらせながらやると、タネが取れやすいです。

パイナップル酵素でお肉がとろける!絶品スペアリブです♪

材料

【材料】
豚のスペアリブ 1.2kg
油 大さじ2
ニンニク 2かけ
とうがらし 2本
酒 1/2カップ
パイナップルジュース(100%) 2カップ
醤油 1/3カップ
塩こしょう

作り方

① 1.ビニール袋にスペアリブを入れ、塩こしょうをして30分ほど室温においておきます。
199-1_210313.jpeg

② 2.鍋を火にかけ、油を入れてスペアリブの全ての面に焼き色を付けます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.お湯を入れて、油を浮かしてから、流水で油と血合いを洗い流します。
199-3_210313.jpeg

④ 4.鍋に戻し、調味料を全て入れて、スペアリブが浸る程度に水を入れます。
199-4_210313.jpeg

⑤ 5.アルミホイルで落とし蓋をし、鍋の蓋をして、時々ひっくり返しながら30分ほど中火にかけます。
199-4_210313.jpeg

⑥ 6.落とし蓋を外して、さらに煮汁が少なくなるまで弱火で煮込みます。
199-4_210313.jpeg

ポイント

※とうがらしの辛さが苦手な方や小さなお子様は、中火で煮ている最中に取り除きます。

さつまいもの甘味が感じられる食物繊維たっぷりのケーキでおなかも満足!!

材料

【材料】
卵黄 2個分
砂糖 20g
さつまいも180g、砂糖 10g
りんご 1/2個、砂糖 10g、レモン汁 少々
サラダ油 大さじ2
●メレンゲ
卵白 2個分
砂糖 40g
薄力粉 70g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
黒ごま 大さじ1

作り方

① 1.さつまいもは皮付きのまま1センチ角に切り、ラップに包んで電子レンジで7~8分加熱して、熱いうちに砂糖をからめます。りんごはくし切りにしてから薄く切って、砂糖とレモン汁を入れて電子レンジで5分加熱します。
199-1_210313.jpeg

② 2.卵白に砂糖を3回に分けて加えながら泡立て、軽く角ができる程度の固さのメレンゲを作ります。別のボウルに卵黄を入れて溶きほぐし、砂糖を加えてよくすり混ぜます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.さつまいも1/2量とりんご全量、サラダ油を加えて混ぜます。2に粉類と、ごまの1/2量、メレンゲの1/2量を加えてゴムべらでしっかりと混ぜます。
199-3_210313.jpeg

④ 4. 残りのメレンゲを加え、泡を消さないように混ぜ合わせます。型に入れて、トントンして軽く空気を抜きます。
残りのさつまいもと黒ごまを散らして、オーブンで20~25分焼きます。
竹串を刺して、生地がつかなければ焼き上がりです。
199-4_210313.jpeg

ポイント

・粉類は合わせてふるいます。
・型にクッキングシートを敷きます。
・オーブンを180℃に温めます

大人も子どもも大人気メニューのビビンバをおにぎり風にアレンジしてみました。野菜も一緒に摂れるので一品で栄養価もバッチリです!お肉の味付けを途中で子どもの分だけ取り出して、その後で大人用にコチュジャンの量を調整すると、大人も子どもも満足できる一品となります。

材料

【材料】
3~4人分

【お肉】
豚肉…300g
ごま油…大さじ1杯
にんにく…適量
醤油…大さじ2杯
砂糖…大さじ2杯
みりん…大さじ1杯
コチュジャン…小さじ1杯程度(お好みで調節)
白ごま…好きなだけ

【ナムル】
にんじん…2分の1本
ほうれん草…2分の1袋
もやし…2分の1袋

【☆たれ】
ごま油…大さじ1杯半
白ごま…大さじ1杯
しょうゆ…大さじ2分の1
塩…小さじ4分の1
鶏がらスープの素…小さじ2分の1

【☆おにぎり】
お米…適量
焼きのり…3~4枚

作り方

お肉

① 1.フライパンにごま油を入れ、お肉を入れて炒めます。
199-1_210313.jpeg

② 2.お肉に火が通ってきたらコチュジャン以外の調味料を加えます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.お肉に味がついたら、好みの量のコチュジャンを入れて絡めます。
199-3_210313.jpeg

④ 4. 水気が飛んだら仕上げに白ごまを好きな量加えて和えます。
199-4_210313.jpeg

ナムル

① 1.にんじんとほうれん草を食べやすい大きさに切ります。
199-1_210313.jpeg

② 2.鍋にお湯を沸かし、沸騰したら固い野菜から入れ2分ほど煮ます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.野菜を茹で上げ、よく水を切り、たれをかけて和えます。
199-3_210313.jpeg

おにぎり

① 1.のりにスプーンの背で軽くごま油を塗ります。
199-1_210313.jpeg

② 2.のりの中央部分辺りに、お米、具材、お米と重ねていきます。
199-2_210313.jpeg

③ 3.まんまるになるようにのりごと握ってなじませたら半分に切って完成です。
199-3_210313.jpeg

ポイント

・具材が真ん中に来るようにお米のバランスを考えてください。
・コチュジャンはなしでもおいしく食べられます。